トップへ戻る

上澤梅太郎商店 > 商品一覧 > 簡単レシピ > ホロホロふりかけレシピ

ホロホロふりかけを使った簡単レシピ

ホロホロふりかけの手作りがんもどき

ホロホロふりかけの手作りがんもどき

まな板にのせた豆腐の上に大きめのお皿を重石として置き、豆腐の水分を抜きます。豆腐の水分を抜いている間に、人参と牛蒡をこまかく千切りにしておきます。30分ほどして豆腐がしっかりしたら、ボウルに豆腐・人参・牛蒡そしてつなぎの小麦粉を少し振り入れ、スプーンで豆腐の形がなくなるまでよく練り合わせます。そこに「ホロホロふりかけ」を混ぜ合わせます。このがんもどきのタネをスプーンで一口大にまとめて、キツネ色になるまで油で揚げます。(タネを爪の先ほどの量を油に落としてみて、ゆっくり浮かんでくる程度の温度が、この場合の油の適温です)

釜揚げバターうどんホロホロふりかけ風味

釜揚げバターうどんホロホロふりかけ風味

熱々のうどんを鉢に盛り、バターと「ホロホロふりかけ」をトッピングしてください。溶けたバターのコクに、大根、きゅうり、しょうが、しその実の風味が加わって、食の進むこと間違いなしです。

ホロホロふりかけ

ホロホロふりかけ

溶き卵、豚バラ肉の小間切り、ねぎの小口切り、「ホロホロふりかけ」を用意しておきます。次に細身のうどんを固めに茹で、冷水で締めます。中華鍋に多めの油を入れて強火にかけ、油煙が出るまで熱します。そこに溶き卵を入れて油を卵に抱きこませたら、うどん、豚肉、ねぎ、「ホロホロふりかけ」の順に次々と投入し、手早く炒めます♪

おむすびホロホロふりかけ

おむすびホロホロふりかけ

「ホロホロふりかけ」を炊きたてのご飯に混ぜ込んで、おむすびにします。お弁当にだけではなく、お酒のかたわらにも置きたくなる味です。柔らかく小振りに結ぶと、より美味しくいただけます。他のおむすびもあるときには、おむすびの上に「ホロホロふりかけ」を乗せてあげると親切です。

ホロホロふりかけを納豆の薬味に

ホロホロふりかけを納豆の薬味に

納豆の薬味として「ホロホロふりかけ」を散らします。「ホロホロふりかけ」は塩分控え目の漬物ですので、お醤油をプラスしても良いでしょう。ごはんのおかずにも、また洒落た酒肴としても、お使いいただけます。

ホロホロふりかけマッシュドポテト

ホロホロふりかけマッシュドポテト

じゃがいもを電子レンジで温め、火を通しておきます。じゃがいもが柔らかくなったら皮をむき、フォークでよくつぶします。じゃがいもをつぶしながら、バターひとかけと「ホロホロふりかけ」を混ぜ合わせます。いつものマッシュポテトが、ひと味もふた味も、楽しくなります。

チーズマヨトーストホロホロふりかけ風味

チーズマヨトーストホロホロふりかけ風味

食パンにバター、マヨネーズ、とろけるチーズの順に乗せ、きつね色になるまでトーストします。ここに「ホロホロふりかけ」をふりかけ、熱いうちにお召し上がりください。深煎りのコーヒーもお忘れなく。

とろろのホロホロふりかけ風味

とろろのホロホロふりかけ風味

すりおろした山芋に「ホロホロふりかけ」を振り、くるくると混ぜてお召し上がりください。塩気の足りないときには、ダシを加えても良いでしょう。

ホロホロふりかけ和風ドレッシング

ホロホロふりかけ和風ドレッシング

サラダオイル、お酢、胡椒でフレンチドレッシングを作り、ここに細かく刻んだ「ホロホロふりかけ」を混ぜ込みます。「ホロホロふりかけ」に塩気がありますので、塩はお好みに合わせて加えてください。

蒸し豚のホロホロふりかけ風味

蒸し豚のホロホロふりかけ風味

豚の肩ロースブロックを茹でて薄切りにし「ホロホロふりかけ」を上からかける、あるいは和えます。ゆで豚を蒸し鶏に替えても、さっぱりした美味しさと共にお召し上がりになれます。

ホロホロふりかけの茶碗蒸し

ホロホロふりかけの茶碗蒸し

茶碗蒸しの作り方(前半)については省略。ダシと溶き卵を1対1の割合でまぜて茶漉しで濾し、お好みの器に流し込むその直前に「ホロホロふりかけ」を、その器の底に忍ばせておきます。そして最弱火の蒸し器で10分間ほど蒸します。竹串を刺してみて、透明な液がついてくれば十分に火が通った証拠です。三つ葉を飾って完成です。

ズッキーニのオリーブオイル焼きホロホロ風味

ズッキーニのオリーブオイル焼きホロホロ風味

フライパンに多めのオリーヴオイルを熱します。油の温度が高くなりすぎないように注意してください。5ミリほどの厚さにスライスしたズッキーニを、この油でゆっくり煮ます。ズッキーニの実の部分が透明になってきたら油を切ってお皿に盛ってください。

ホロホロふりかけの鮮やか炒飯

ホロホロふりかけの鮮やか炒飯

「ホロホロふりかけ」や色とりどりのピーマンなどを細かく刻み、チャーハンにします。大人だけの食卓なら、刻んだ鷹の爪をアクセントに加えても良いでしょう。簡単なお昼ごはんに、また料理の付け合わせになど、手早く簡単に作れる家庭の味です。

レシピ一覧へ戻る