トップへ戻る

上澤梅太郎商店 > 商品一覧 > 日光土産詰合わせギフト > おうち料理応援!ごはんのお供セット 送料無料

おうちで日光旅行セット
おうちで日光旅行セット
おうちで日光旅行セット

おうち料理応援!ごはんのお供セット 送料無料

商品番号 ouchi2

人気

賞味期限 冷蔵で1ヶ月


※こちらの商品は送料無料です。
他の商品を一緒にご注文いただいた場合、一緒に梱包(同梱)しますので全て送料無料となります。

5,525円(+消費税:442円)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
レビューを書く


 

お届けまでの日数

ただいまご注文の集中により、お届けまで1週間前後の納期をいただいています。お急ぎのお客様は、電話0288-21-0002(08:30〜17:30)にて、その旨をお知らせくださいませ。


お電話でのご注文も、お待ちしています。
お電話でのご注文0288-21-0002
ほぼ年中無休(8:30〜17:30)

日光に行きたくても行けないお客様のための、地域の産品をご紹介し、コロナが落ち着いたらまた日光に来ていただくためのセット商品を企画しました。

いろいろ少しずつ、おすすめ。
ツナマヨの素 30g-3個、肉炒め用辛みそ 30g-3個、おにぎりの素 15g-3個、らっきょう、フリーズドライみそ汁 5食、なめこ220g、荒牧りんご園 りんごジュース1L、米 3合


毎日の食卓に変化を。たまり漬で味の彩りを。

いつもの食卓にアクセントを加える、たまり漬からのご提案です。

・ツナマヨの素:みじん切りのらっきょうのたまり漬です。油を切ったツナ缶に、マヨネーズと一緒にまぜこんでみてください。グリーンサラダにのせたり、ごはんのおかずにしたり。サンドイッチにもおすすめです。
・肉炒め用辛みそ:当店謹醸「辛ひしお」です。豚ひき肉と一緒に炒め合わせて肉味噌にしてみてください。茹でたうどんにのせれば、炸醤麺に早変わり。国産唐辛子の刺激で、ごはんもすすみます。
・おにぎりの素:日光みそのたまり漬「だんらん」です。ごはんに混ぜこんでおにぎりにしてみてください。お米のうまさを引き出すのが漬物の使命。日光みそのたまり漬は、その使命を十分に全うします。
・フリーズドライ味噌汁
ごはんと漬物とくれば、温かい味噌汁も。たとえごはんやおかずが冷たくても、味噌汁が温かければ、一気に満足感が高まります。慌ただしい毎日に、ぜひ安らぎのひとときを加えてみてください。

日光みそのたまり炊「なめこ」

新潟県魚沼産/長野県飯山産の大粒なめこを、うまみのたっぷり詰まった「日光みそのたまり」でさっと炊き上げました。
大根おろしと合わせてなめこおろしにしたり、お蕎麦の付け合わせにしたりするのがおすすめです。
一番のおすすめは「なめこの玉子とじ」、通称「なめ玉」です。
なめこを炒めて溶き卵をと合わせるだけ。簡単ですが、この味との出会いは一生ものです。
なめこの玉子とじのレシピはこちら



八木澤ファームの棚田米

日光市の高百地域。霧降地区から少し下がった山間の集落は、切り立った斜面に面しているため、その田んぼは棚田となります。陽当たり良好、日中はぽかぽかとして、夜間はしっかりと気温が下がる。そのような場所で育つお米は粒立ちがよく、品種ごとの味わいがさらに際立ってきます。田んぼに引き込む用水は、二宮濠。二宮尊徳が、日光の農村の生産効率向上のために作った用水路は、約170年経った現在も現役です。
今回は、若手篤農家の八木澤さんが、父祖伝来の棚田でつくった「ゆうだい21」をお届けします。宇都宮大学で開発された新品種で、もっちりとした食感と確かな甘み、そして意外なほどすっきりとした後味がたまり漬によく合います。
八木澤ファーム

宇都宮 荒牧農園のりんごジュース

栃木県の代表的な果物といえば「いちご」ですが、ぶどうやなしなど、果樹の生産も盛んです。とくにこの時期、宇都宮から日光にかけての日光街道は、桜にも似た、白いりんごの花に彩られます。
今回は、荒牧農園さんのりんごジュース1,000ml入りをお届けします。生絞りの豊かな香りをお楽しみくださいませ。



ツナマヨらっきょうサンドイッチの作り方

ツナマヨらっきょう(一人前)の作り方

準備するもの:ツナ缶1缶(70g)、ツナマヨの素らっきょう1パック、マヨネーズ大さじ3

ツナ缶の油をきり、ツナマヨの素らっきょう1パック、マヨネーズ大さじ3と混ぜる。

グリーンサラダにのっけたり、ポテトサラダ/マカロニサラダに混ぜたり、使い道はいろいろ。

12枚切りのパンを2枚用意して、

片方に塗る。で、そこにもう一枚のパンをのせます。



平らなお皿ではさんで、

重しをかけます。パンと具とをなじませるわけです。
まな板が2枚あるおうちでは、まな板で挟んでもいいかと思います。

1分ほど置いておいたらOK。好きな形に切ります。

図解すると、こんなかんじです。

今回は、長方形のパンを、まず正方形になるように切りまして、正方形のほうを、三角が二つになるように切ってます。



すると、こんな風に、

長方形1個と、三角形2個のサンドイッチが得られます。

得られますっていうと、ちょっと幾何学っぽくなります。

らっきょうのたまり漬の、独特の発酵臭がピクルス感を出しつつ、
たまりのうまみがツナの味わいを補強してくれます。

これはうまいですよ。
ぜひおやつにどうぞ。

ツナマヨの素らっきょうは

そのまま納豆に混ぜてもおいしいですよ



鶏肉の辛味噌炒めの作り方

味噌の香ばしさがたまらない一品

野菜スティック(ないしはモロキュー)でおなじみのなめみそ、「肉炒め用辛味噌」(辛ひしお)を使った鶏肉の炒め物の作り方をご紹介します。

材料:
鶏肉(唐揚げ用モモ肉)200g、肉炒め用 辛味噌 1パック
分量外に、塩ひとつまみ。
以上。

これだけで、とっても美味しい晩酌のおともができあがりますよ。

まず、フライパンに鶏肉を並べます。

テフロン加工のものであれば、火にかける前でOK。油も不要です。

皮目を下にします。
唐揚げ用なら切る必要がありません。
もも肉1枚で買った場合は、あらかじめお好みの大きさに切っておいてください。
そしたら、点火前に、塩をひとつまみ、ふりかけておきます。
これが下味になります。



火加減は、つよめの弱火。

ひと塩したら、いよいよ点火です。
このくらい。

皮目から、じっくり焼いていきます。

小さめの鍋の蓋で

押さえておくと火の通りが早くなりますが、時間さえかけられれば、この作業はいりません。



じっくりじっくり

皮目から伝わった熱によって、表面まで白っぽくなってきたら、8分通り火が通った証拠。

鶏肉は水分が多くて、牛肉や豚肉と比べて熱が通りにくい印象があります。

じっくりじっくり焼いたほうが安心です。

こんがり。

こんなかんじに火が通ったら、ひっくり返します。



投入。

ここに、肉炒め用 辛味噌を投入。

フライパンをゆすりながら、

肉炒め用 辛味噌を肉にからめていきます。
鶏の脂と辛ひしおがまじって、パチパチとはぜてきますので、気をつけてください。

肉炒め用 辛味噌に火が入って、香ばしい香りが出てきたら完成です。

これは日本酒と合わせて。いやいや、チューハイでもいいかもしれませんね。

唐辛子の刺激と、ひしおのうまみ、鶏のカリカリ感が絶妙に合うんです。


おすすめ商品