トップへ戻る

上澤梅太郎商店 > 商品一覧 > らっきょう > 日光の美味定期便【送料無料】

日光の美味サブスク
日光の美味サブスク【送料込み・他商品と同梱可能】
日光の美味定期便【送料無料】

毎月、何が届くか店主お任せ日光の美味定期便【送料無料】

定期購入

商品番号 bimisub

[ 送料込 ]

販売を終了しました。

【販売期間:4月4日20時0分4月7日23時59分

賞味期限 らっきょうは冷蔵で1ヶ月
たまり漬は冷蔵で2ヶ月
1回あたり 5,967円(本体価格:5,525円 + 消費税:442円)
商品についてのお問い合わせ
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

 

4月のセット内容

1)弓手政美さんのトマト
2)松葉屋さんのお徳用あげ湯波
3)日昇堂さんの温泉まんじゅう
4)日光みそのたまり漬・らっきょう
5)日光味噌梅太郎(白)
6)日光味噌のふき味噌
おまけ)宇都宮酒造さんの四季桜 純米大吟醸 今井昌平


お届け日

毎月15日(毎月の申し込みの締め切り日は7日)


定期購入について

・ご注文は最初の1回のみで、毎月定期的にお届け
・お支払方法はクレジット(決済日は毎月13日)、代金引換
(毎回お届けごとの決済)
・お休み、停止については次回お届け日の7日前までにご連絡下さい。お休みするとお届け回数は1回減ります。


※別の商品を追加購入することが可能です。お気軽にお申し付けください。(同時にご注文ができませんので、別途ご注文いただき「定期と同梱で」と通信欄にてお知らせください。)


SKさん

非公開 投稿日:2020年12月24日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

肉団子に、ごぼうのたまり漬を刻んで入れるレシピをやってみたところコリコリして美味でした。

kkさん

非公開 投稿日:2020年11月18日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

11月に届いたりんごはびっくりしました。香りが物凄く良い香りです。
普通のりんごは好んで食べないのですが、これなら毎日でも食べたいです。
カレーはこれから食べます。金谷ホテルで食べたことがあるので、あの味がまた味わえると思うと楽しみです。

【毎月定額で、日光・鬼怒川の旬の味をお届けします。】

「日光みそのたまり漬」とあわせて召し上がっていただくことで、より美味しさが際立ちます。

召し上がり方・使い方についてのかんたんな冊子も同梱しますので、よろしければご参照ください。


「日光の旬味」毎月お届けサービス

上澤梅太郎商店店主・上澤卓哉が、「これは!」と思っている地元の旬の味と、合わせて楽しいたまり漬やお味噌などを、毎月定期的にお届けします。

本サービスは、月々定額5,525円(ゴーゴーニッコウ)で、日光の旬の味をお届けする定期お取り寄せ便です。
旬の野菜や、地元ならではの味、季節ごとの味のご提案を、毎月上旬にお届けします。

こんな野菜、見たことない!
この品物、どうやって食べればいいの?

など気がかりの点もあるかとは思いますが、召し上がり方やたまり漬との合わせ方についての冊子もご用意いたしますので、どうぞご心配なきようお願いします。

送料は料金に含まれていますので、本サービスにご加入いただいた上で、その他の商品を追加の上同梱にてご購入される場合、その分の送料はかかりません。

「日光や鬼怒川へご旅行ください」と気楽に申し上げることも、なかなか憚られるご時勢です。本サービスで、日光や鬼怒川の「旬」を味わっていただきたい、そして、事態が落ち着いたころには、ふらりと、また、ゆっくりと、当地でこれらの味をお楽しみいただきたい。そんな願いも込めています。

我々としましても、これをきっかけに、足元を深く掘り下げ、自分たちでも気がついていなかった、地元にあふれる日常の価値を再発見したいと考えています。

なお、「今月はお休みしたい」「やっぱり解約しよう」等のご要望につきましては、随時受け付けています。お気軽にお申し出ください。

毎月毎月、ご満足いただける内容を企画してまいりたいと思います。
奮ってご参加ください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

4月:日光の春爛漫を味わうセット

日光の桜も満開の時季をむかえました。ことしは例年よりも10日から2週間ほど早い印象です。
昨年に引き続き、お花見などを控えられる方も多いこととは思いますが、どうぞご自宅で日光の春をお楽しみいただければ幸いです。


1)弓手政美さんのトマト

夏野菜の代表格のトマトですが、早生株の最初のピークは4月に訪れます。まさに旬の先駆けです。

弓手政美さんの作るトマトは、なかでも、年間を通じて安定して高品質の生産者を種苗メーカーが認証する「甘熟」ラベルの数少ない保持者です。

そのまま食べてもいいですが、あげ湯波といっしょにお味噌汁の実にするのもおすすめです。

2)松葉屋さんのお徳用あげ湯波

再登場のあげ湯波ですが、その季節その季節のお野菜とあわせて是非召し上がっていただきたいと思います。

お味噌汁をはじめとして、「花冷え」などという言葉もあるこの季節、まだまだ食べたいお鍋や、たっぷりのお出汁で各種春野菜と炊き合わせにするのもおすすめです。

3)日昇堂さんの温泉まんじゅう

地元有数の菓子メーカーである日昇堂さんの温泉まんじゅうです。
薄手の皮に濃厚なこしあんが詰まっています。

おまんじゅうの大きさも、くどくならずかつ、物足りなくならない。絶妙の程度の良さだと、個人的には感じています。

4)日光みそのたまり漬・らっきょう

おなじみのらっきょうのたまり漬です。

昨年の初夏に収穫し、半年以上(文字通り!)塩漬けにして寝かせておいたものを、幾度も漬け床をとりかえながら、じっくりじっくり熟成させたものです。

お食事どきの箸休めのほか、みじん切りにしてツナ・マヨネーズと和えてサンドイッチにするのもおすすめです。

5)日光味噌・梅太郎(白)

旧日光神領地域に、造り味噌屋さん・糀屋さんは数多くあれど、「日光味噌」を名乗る許可をいただいているのは弊社だけです。

日光市内産のお米と大豆だけで仕込み、3年以上熟成させた無添加天然醸造のお味噌です。

6)日光味噌のふき味噌

日光味噌・梅太郎の赤味噌をベースに、旬のふきのとうをたっぷりと使用したオリジナルのふき味噌です。

ごはんにちょっと乗せたり、ゆがいたタケノコにつけて田楽仕立てにしたり。

まさに春の香りとほろ苦さをお楽しみください。

おまけ)宇都宮酒造さんの四季桜 純米大吟醸 今井昌平

桜の時期にちなんで、お花の名前の地酒をご紹介いたします。

「四季桜」の銘柄で知られる宇都宮酒造さん。こちらのお酒は、蔵元杜氏の名前を冠したモデルです。

どっしりとした、クラシカルな風格があります。たまり漬、あるいはふき味噌と、ちびりちびりとやってください。



>これまでの日光の美味定期便を見る