人にとって「おいしい」とは何か

エッセイ/雑記

「人にとって『おいしい』とは、『安心』である」というのが、とりあえずの結論となった。 ここから敷衍すれば、例えば、客観的には不味いものなのに、子供の頃から馴染んでいるがゆえにどうしようもなく好きでなくてはいられないような […]

発酵の三つの型

エッセイ/雑記

先日六月二四日(木)、日本テレビ系列『ヒルナンデス!』にて、弊社および「らっきょうのたまり漬」をご紹介いただきました。 「世界の発酵食品三〇〇〇種類を食べた発酵マニア・小倉ヒラクがすすめるお取り寄せ発酵食品ランキング」と […]

明治後半の上澤家

エッセイ/雑記

明治四一年生まれの久二郎が、梅太郎とイトの許に養子に入ったのは、大正六年、九歳のときだった。 実家の豊田家は横浜で生糸の貿易商を営んでいた。 特に第一次大戦によるシルク恐慌が起きて以来、横浜には日本で唯一の生糸取引所が設 […]

五味+コク味+辛味×香り

エッセイ/雑記

 フーディ的なおいしさを考えたとき、基調になるのは、生理的に感じうるおいしさのバランスである。現在明らかになっている味覚は五味と呼ばれ、鹹(から)味・甘味・酸味・苦味・旨味に分析される。近年、ここに六番目の味「コク味」と […]

歩道整備事業

エッセイ/雑記

現在、旧日光中心市街地の歩道整備事業に伴い、湯沢屋さんの店舗は更地となってしまいました。当然、臨時休業中。現在は道向かいにある、コロナ問題で休業中のカフェの厨房を間借りして、水羊羹のみ、数量を限って製造していらっしゃいま […]

ページの先頭へ