「エッセイ/雑記」の記事一覧

日光杉並木

エッセイ/雑記

日光杉並木は、日光街道・例幣使街道・会津西街道にまたがる杉の並木道で、総延長約35km、世界最長の並木路です。 松平正綱が主君の家康公のために20年以上かけて植樹し、日光東照宮に寄進したといわれています。 たしかに現在で […]

百年ライスカレー

エッセイ/雑記

先日お送りした「百年ライスカレー」の日光金谷ホテルさんは「日本最古の西洋式ホテル」です。 明治政府に入っていた外国人官僚や技術者の数はピーク時で約2,700人おり、その他外交官や大使館員などは、夏のバカンスをこぞって日光 […]

たまり漬けレシピ

エッセイ/雑記

内容 ・日光市上鉢石町・ぐるめやまなかさんの洋総菜 ・日光市今市川原町・日昇堂のとちぎのまるごといちごチョコレート ・日光市今市春日町一丁目・上澤梅太郎商店のたまり漬いろいろ ・たまり漬入りタルタルソース   超淡口仕上 […]

白菜レシピ

エッセイ/雑記

おススメ料理① 肉団子鍋:鶏ひき肉・豚ひき肉・えのき茸・ごぼうのたまり漬のみじん切りを、片栗粉をつなぎに混ぜ合わせます。和だしを張った鍋に白菜を入れて煮立たせ、しんなりしたら団子を投入。お好みで、「朝露」やポン酢で召し上 […]

幕末の日光と上澤家その2

エッセイ/雑記

宇都宮の戦いで敗走した大鳥圭介率いる旧幕府軍は、1868年5月17日に日光街道を北上。今市を経由して日光に入ったものの突如転進。日光街道を南進して再び今市を経由、会津西街道に沿って会津田島へと退き、土方歳三ら傷病兵を会津 […]

幕末の日光と上澤家

エッセイ/雑記

明治に入ると記録も記憶も充実してきます。 前回登場した幕末の当主上澤藤左衛門の実子・上澤藤作は、キヨとの婚姻後に早世。 キヨの後添えとして、高百地区の八木澤家より、慎一郎が婿に来ます。 慎一郎は嘉永元年の生まれで、若いこ […]

日光みそのたまり漬

エッセイ/雑記

「 金谷さんのカレーには、ウチのらっきょうを合わせてほしいもんだよなあ 」と思いながら幾星霜。一方で、そういうことをなかなか言い出せないのが床しさというか、まあ、商売としてはダメなところです。 ところが、たまたまウチに遊 […]

ページの先頭へ