「2021年7月」の記事一覧

明治後半の上澤家

エッセイ/雑記

明治四一年生まれの久二郎が、梅太郎とイトの許に養子に入ったのは、大正六年、九歳のときだった。 実家の豊田家は横浜で生糸の貿易商を営んでいた。 特に第一次大戦によるシルク恐慌が起きて以来、横浜には日本で唯一の生糸取引所が設 […]

ページの先頭へ