大仰なタイトルからはじまりましたが、それにはわけがあって、
弊社社長が、こどものころから62歳の現在に至るまで、一貫して
いちばん好きな商品が「なめこのたまり炊」だということなんです。

 

もちろん、ごはんにかけるとか、だいこんおろしと和えるとか、
湯豆腐のタレがわりにするとか、おいしい食べ方はたくさんあります。

 

きょうは、そのなかでも特にオススメの食べ方を紹介します。

 

材料:
卵(Lサイズ2個)、なめこのたまり炊(大さじ1から2)、サラダ油(適量、10ccほど)

 

 

まず、たまごを割りほぐしたら、フライパンを中火にかけ、油をひきます。

(ところで、油は「引く」ものなのか/「敷く」ものなのかいつも迷うのですが、結局どちらが正しいのでしょう?)

 

次に、なめこのたまり炊を炒めます。(ここがポイント!)

 

まずなめこのたまり炊に十分に火を通すことによって、たまりの香ばしさを引き出します。

 

こんなふうにジュワジュワきたら、とき卵を投入。

 

大きくフライパンを揺すりながらかきまぜ、油・なめこ・卵をまんべんなく混ぜます。

 

そしたらすぐに火を止めます。

あとは余熱で、十分火が入ります。適当な頃合いで、お皿に盛り付けましょう。

 

トロトロ。

 

ドンブリにしても、なお佳し!です。

 

 

たまごのトロトロ感となめこのトロトロ感が相まって、たまらない食感になります。