トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

< 古い日記へ  

2019.10.13(日) 昭和30年代なら数千人が亡くなったはず

枕元を手探りしても、iPhoneは無い。食堂のコンセントに繋いだままに違いない。起きることを決めて服を着る。「4時は過ぎただろうか、まさかもう5時台ではあるまいな」と考えつつ洗面所に入って明かりを点ける。低いところに置かれた時計には「2:56」の数字があった。外はしんと静まりかえっている。

食堂に出て窓を開ける。雨は既に止んでいる。空には、晴れているらしい真っ黒なところに雲がまだらに見えている。生暖かい風が吹いている。鈴虫の声が賑やかだ。

きのうの天気予報によれば、日光市は朝は曇り、11時から晴れてくるとのことだったが、普段は見られないような、幾重にも層を成した黒雲のむこうから朝日が昇る。6時を過ぎたところでテレビのスイッチを入れ、今般の台風19号が、特に関東甲信越から東北地方にかけて、甚大な被害をもたらしたことを知る。

8時の朝礼では、台風が去ったことを受けて、各部署がすべきことを伝える。販売係のササキユータ君は、風に飛ばされてきた諸々を掃いて袋に詰めるため、いつもの数倍の時間を掃除に費やした。製造係のイトーカズナリ君は、蔵の各所で発生した雨漏りについて、逐一、報告に来る。ウチで最も古い建物である、江戸末期のものと思われる隠居には、ひとかけらの被害もなかった。

宅急便はきのうから荷物を預かることを止めている。しかしJR宇都宮駅に隣接する商業施設にある宮源さんからは、正午の納品を頼まれている。これについては長男が、普段なら数十分で行けるところを2時間30分の余裕を見ながら配達をした。帰ってきたところで話を聞けば、あの、いつもなら堤防から10メートルちかく下を薄く流れるのみの田川が氾濫し、JR宇都宮駅周辺の道路はかなりの部分で通行止めとなって、ブルドーザーが泥をかいていたという。

お客様の中には、9月上旬の台風15号、そして今回の台風19号により被災をされた方もいらっしゃるに違いない。そういう次第にて、年末の贈答の季節に向けてお送りするダイレクトメールの挨拶文は、既にして発注済みではあるけれど、それは届いた後に捨てることとして、新たに書き直す。

閉店後は食堂に戻り、ハイボールで心を鎮める。19時より屋台まつりの話し合いのため、町内の公民館へとおもむく。話し合いは手際よく進んで数十分で完了した。そして家に戻って簡単な、しかし美味い夕食を摂る。


朝飯 なめこの醤油煮、納豆、ほうれん草のソテーを添えたベーコンエッグ、胡瓜のぬか漬け、ごぼうのたまり漬、たまり漬「おばあちゃんのホロホロふりかけ」、メシ、オクラとシメジの味噌汁
昼飯 朝のおかずを流用した弁当
晩飯 だしあごの網焼き、Old Parr(ソーダ割り)、スパゲティナポリタン、G7 The 7th Generation Cabernet Sauvignon 2018


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.12(土) 「台風クラブ」はいまだ観ていない

「本日10月12日(土)は、台風19号の接近が伝えられていますが、上澤梅太郎商店は通常どおり、朝8時30分から夕方17時30分まで、営業いたします。どうぞお気をつけて、お出かけくださいませ。またお留守番の方は、どうぞ御身安全にお過ごしくださいませ」という文章を、朝、撮ったばかりの店の画像と共に、会社のfacebookページに上げる。雨風ともに、大したことはない。本日の口開けは、福島県からのお客様で、ご来店の時間は開店前の8時25分だった。

道の駅「日光街道ニコニコ本陣」のウチの売り場には、きのうの夕刻に売り切れた商品を補充し、少なくなってはいるものの、今日1日くらいは保つだろうと思われる品については「売り切れたときには、すぐに持って参りますので」と商業施設の方に告げて店に戻る。

「今日はお店、やってますか」という電話を午前中に何本か受ける。受注係のカワタユキさんも、おなじ内容の電話を何本か受けたようだ。

昼が近づくにつれて、風雨が強くなってくる。長男は日光の卸先である金谷ホテルさんと早見商店さんに、火事見舞いならぬ台風見舞いに出かけ、昼すぎに戻った。

4人の子どもを持つ包装係のタノイチカさんは、正午に退社をした。販売係のオバタタキコさんも昼に退社をした。包装主任のヤマダカオリさんに続いて包装係のセオヨーコさん、タカクコータロー君も、14時に退社をした。事務係のカワタユキさんに声をかけると「心配なので」と、14時30分に退社をした。風雨はますます激しくなる。

「開いてて良かったわー、日光からここまで来るあいだ、どこのお店も閉まってましたよー、まるでゴーストタウン。お土産が買えて嬉しいわー」と、午後に見えたお客様が喜んでくださる。

どこもかしこも店を閉じる状況の中で通常通りに営業をするとは、まぁ、ウチの美学のようなものだ。「美学とは大げさな」と言われれば、痩せ我慢、あるいは意地と言い換えても良い。実利、つまり損益分岐点比率を考えれば休んだ方が得策でも、どうにもそれはできかねる。

終業時まで残った社員は製造主任のマキシマトモカズ君、製造係のタカハシアキヒコ君、販売主任のハセガワタツヤ君、販売係のササキユータ君の4名。「とんでもないこと」が起きたら、それこそとんでもないことだが、それがない限り、今日のような非常時の雰囲気は、嫌いではない。

社員がすべて去った蔵の中にふたたび照明のスイッチを入れ、雨漏りが心配されるところを見てまわる。蔵の大屋根から玄関前の川に雨水を逃がすための、直径20センチのパイプが不気味な音を立てて揺れている。これについては週明けにでも、ハヤカワ住宅設備に診てもらうことにしよう。

夕食のテーブルには肉の塊があるにもかかわらず、孫のリコは非常食のインスタントラーメンを食わせろと泣いている。小さな子どものいる家は、なかなかに賑やかだ。


朝飯 ほうれん草のおひたし、なめこの醤油煮、茄子のソテー、納豆、たまり漬「おばあちゃんのホロホロふりかけ」と3種のぬか漬け、メシ、隼人瓜の味噌汁
昼飯 「金谷ホテルベーカリー」の2種のパン、コーヒー
晩飯 ラタトゥイユとオムレツを添えたレタスのサラダフレンチフライを添えたビーフステーキたまり漬「鬼おろしにんにく」によるガーリックライスG7 The 7th Generation Cabernet Sauvignon 2018きのうの残りのケーキ、Old Parr(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.11(金) 毎年のように「過去最大級」が来る

吉野彰先生のノーベル化学賞受賞のニュースは、ほんの2日ほど新聞やテレビを賑わせたのみだった。以降はそれまでの、千葉県に大きな被害をもたらした台風15号なみの勢力を持つという、そして明日12日の夜には関東地方への上陸が予想される台風19号のことが、報道をほぼ独占をしている。

きのうの朝礼では、子を持つ社員は、12日は遠慮なく休むよう伝え、今朝の朝礼でもそのことを繰り返した。ヤマト運輸は日本の各地において、12日の集配停止と営業所の休業を決めた。宅急便が休むとはよほどのことだが、嵐の中でもご来店になるお客様かならずいらっしゃるから、ウチは休むことはしない。

本日はまた、取引先の3名さんが東京から来て、家内や長男や販売主任のハセガワタツヤ君と仕事をしている。この3名さんが帰京できなくなれば大ごとのため、情報が確定するという13時に東武日光線の下今市駅へ出向き、本日は最終の上りまで通常通りの運行であることを確認する。

上澤梅太郎商店は新鮮な商品のみをお客様に提供することを旨とし、非常時にも造り溜めはしない。16時に包装主任のヤマダカオリさんが事務室に来て、明朝から包装する商品の種類と数量を決める。

19時30分、取引先の3名さんをホンダフィットにて下今市駅へお送りする。雨はいまだ降っていない。風もいまだ穏やかだ。帰宅してテレビのスイッチを入れると、ニュースはなお「過去最大級」の台風について、伝え続けている。


朝飯 納豆、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、牛蒡と人参のきんぴら、「なめこのたまり炊」のフワトロ玉子、胡瓜のぬか漬け、たまり漬「おばあちゃんのホロホロふりかけ」、薩摩芋の甘煮、メシ、大根の味噌汁
昼飯 「ふじや」の雷ラーメン
晩飯 トマトとモッツァレラチーズのサラダラタトゥイユ2種のパン鶏肉とマカロニのグラタンChablis Billaud Simon 2016“Chez Akabane”のケーキ、Old Parr(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.10(木) 年賀状

年賀状を年内に投函していたのは学生のころまでと記憶する。以降は、撮りためた写真の中から1枚を選んで街のプリントショップに作ってもらったり、長男が絵を描けるようになってからはそれを印刷したハガキを用いて、届いた年賀状に返事を書いていた。そしてここ20年ほどは、それもしなくなった。ただし、戴いた年賀状に、旅先から返事を書いて送ることはしている。

2014年6月、バリ島の”Patra Jasa Bali Resort & Villas”でコンシェルジュに投函を頼んだハガキの大部分は、届かなかったような気がする。2016年2月、バンコクの”The Grand Sathorn Hotel”のフロント係に投函を頼んだハガキは、1枚も届かなかった。後者においては多分、僕の書いたハガキと支払った切手代を預かった使いっ走りが、ハガキは捨て、切手代は懐に入れてしまったのだろう。

以降、旅先がチェンライであれば、街の真ん中にあるエジソンデパート内の郵便局の出張所にあるいは空港内の郵便局にハガキを托すようになった。これで届かなかったことは、過去に一度も無い。

先月チェンライを訪ねると、前述のエジソンデパートは廃業をしていた。というか、郵便局の出張所は何年か前から無くなっていた。空港内の郵便局は、チェンライを去る日の9時を過ぎても開かなかった。よって前日にホテルのプールサイドで書いたハガキ15枚は、チェンライから着いたスワンナプーム空港内の郵便局から投函し、それらは日本国内の、地域により6日後から9日後には届いた。なぜそれが分かるかといえば、ハガキを受け取った人が、そのことをメールやハガキで報せてくれるからだ。

表面の宛名も、また裏面の文章もすべて印刷、という年賀状は読むことさえしない。しかし裏面にいくらかでも手書き文字のある年賀状には、できるだけ返事を書きたい。ほんの1行ほどの手書き文字に対して数百文字を記した返事を書くことは、旅先での半日を費やすことも手伝って、結構な負担ではあるけれど


朝飯 納豆、トマトとハムのソテーを添えたスクランブルドエッグ、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、牛蒡と人参のきんぴら、たまり漬「おばあちゃんのホロホロふりかけ」、薩摩芋の甘煮、メシ、隼人瓜の味噌汁
昼飯 「大貫屋」の味噌ラーメン
晩飯 春雨サラダ、ごぼうのたまり漬、水餃子、ABSOLUTE VODKA(ソーダ割り)、葡萄


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.9(水) 遂に

10月2日の日記に「本日14時の気温は28度」とある。10月6日の日記には「きのうは宇都宮の最高気温が30.1度」とある。それから数日を経たのみにて、今朝は食堂のエアコンディショナーを暖房にして回す。上半身に着ているものは半袖のポロシャツ1枚。暖房をかけるくらいならその上に長袖の何かを重ねれば良さそうなものだが、僕は重ね着を嫌う。可能な限り薄着でいたいのだ。

6時を過ぎて食堂に入ってきた家内は暖房の生暖かい空気に気づいてかなり驚いたらしい。そして即、そのスイッチを切るよう言う。暑さ寒さの感じ方は、人によりかなり違うようだ。

朝食を済ませてから寝室に入り、背の低い箪笥の、今はポロシャツの納められている引き出しを開ける。そこには長袖のTシャツ2枚が綺麗に畳まれてあった。明日はいよいよこれに袖を通すことになるかも知れない。

夜、小倉町の、すこし風変わりな中華料理屋へ行く。預けてある焼酎のボトルは、底から指2本くらいのところまで減っていた。その残りを干す前に、次の1本を取り寄せる。焼酎はお湯割りにした。「温め酒」は、秋10月の季語である。


朝飯 納豆、牛蒡と人参のきんぴら、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、なめこの醤油煮、厚焼き卵、ごぼうのたまり漬、メシ、若布とオクラの味噌汁
昼飯 弁当
晩飯 「食堂ニジコ」のお通しの白片肉皮蛋胡瓜の辛子和えもやし炒め鶏もも肉の唐揚げ海老と春雨の酸っぱ辛い炒め麦焼酎「二階堂」(お湯割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.8(火) 熱湯を60℃まで冷ます方法

目を覚まして枕の下のiPhoneを取り出し見ると、時刻は4時50分だった。一般には早すぎる目覚めかも知れないけれど、僕には「グズグズしていると5時になっちまう」という、それは気分を焦らせるに充分な遅い目覚め、ということになる。

着替えて食堂に出る。仏壇にお茶を供えるに当たっては、沸かしたお湯を緑茶への適温である60℃まで冷ます必要がある。きのうの朝までは複数の器を用意し、熱湯を入れた器が湯の温度を奪って手に持てないほど熱くなったら次の器へ、その器がおなじく熱くなったら更に次の器へ、ということを繰り返していた。しかしそれでは湯が冷めるまで、他のことはほとんどなにもできない。

そう考えてきのうの夜は、湯飲みに注いだ熱湯が、どれほど放置をすれば60℃まで下がるかを調べてみた。結局のところ、つい今しがたまで沸騰していた熱湯は、16分30秒後に60℃まで下がった。

よって今朝は沸かしたお湯を仏壇用と僕用の湯飲みに注ぎ、テーブルに本を開く。そして16分30秒を経たところで料理用の温度計を差し込むと、湯温は60.1℃。即、そのお湯をあらかじめ茶葉を入れておいた急須に移しつつ、今度は90秒に設定したタイマーのスイッチを入れる。


朝飯 牛蒡の白和え、厚揚げ豆腐と小松菜の炊き合わせ、なめこのたまり炊のフワトロ玉子、納豆、レタスのサラダ、胡瓜のぬか漬け、ごぼうのたまり漬、メシ、ズッキーニの味噌汁
昼飯 「ふじや」の雷ラーメン
晩飯 豆腐と肉団子と白菜と椎茸と舞茸の鍋、ごぼうのたまり漬、芋焼酎「宝山」(お湯割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.7(月) 第一に目指すべきは

下今市10:35発の上り特急スペーシアに乗る。車中にて若林正恭の「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を開く。ハバナでのたった3日と数時間が宝石のように結晶した、素晴らしい紀行文。

浅草から銀座までは銀座線で移動をする。4丁目で地上に出て南西を目指す。「菊水」の前を歩きながら「ハバナの葉巻を買う」という欲求を、どうにか押さえつける。6丁目と7丁目のあいだの交差点で反対側の歩道に渡る。

リモワの店に近づくと、スーツケースを提げた僕を認めた店員はガラスの扉を開けて僕を迎え入れた。彼女は僕から受け取った機内持込サイズの”SALSA AIR”を手に2階への階段を上がる。受付の女の人の差し出す書類に必要なことを書き込む。9月19日の未明、スワンナプーム空港の不届き者に鍵の部分を壊されたスーツケースは、奥の工房に運ばれ、5分もしないうちに修理を完了した。料金は税込で4,180円。素晴らしいサービスだ。秋葉原の工房に持ち込めば、その日のうちに治してもらえるパナソニックのコンピュータと同じく、僕は結局のところ、そういう会社の品物ばかりを使うことになる。

先月チェンライにいるとき、僕が日にひとつずつfacebookに上げた画像とコメントを見ながら、バンコクMGの講師タナカタカシさんは、11月にチェンライを訪ねることを決めた。そのタナカさんに現地の情報を伝えるべく、新橋で待ち合わす。これは僕だけの趣味かも知れないけれど、チェンライで一番の名所は、大型の観光バスがひっきりなしに発着するワットロンクンなどではない。第一に目指すべきは、ナイトバザールの奥の、黄色いペコペコ椅子のフードコートだ。タナカさんのチェンライでの数日は、間違いなく楽しいものになるだろう

17時を過ぎるころは湯島にいる。そして天神下のシンスケにて両関の樽酒を3合ほども飲む


朝飯 厚揚げ豆腐と小松菜の炊き合わせ、焼きトマトを添えた目玉焼き、おろ抜き大根の葉のおひたし、大根おろしを添えた厚揚げ豆腐の網焼き、胡瓜のぬか漬け、ごぼうのたまり漬、メシ、蜆の味噌汁
昼飯 「まぐろ人雷門出張所」の鮨あれこれ、浅蜊の味噌汁
晩飯 「シンスケ」のあれこれ、両関(樽冷や)、タナカタカシさんにいただいたわらび餅


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.6(日) 秋について(その4)

高等学校に通っていたころ、10月の、あれは体育の日の前後だっただろうか、半袖のTシャツを着て外にいたら「そんな恰好では風邪をひく」と、オヤジに注意をされたことがある。一方、おなじころ、10月も体育の日が近づくと、東京でも吐く息の白くなった覚えがある。それを長男に話したところ「10月のはじめは毎年、暑い。しかし10日もすれば決まって急に寒くなる」と言った。それは本当だろうか。確かに木曜日と金曜日に飲んだ焼酎はソーダ割りではなくお湯割りだった。しかしきのうは宇都宮の最高気温が30.1度という暑さにて、冷えた白ワインで一拍を置いた。さて今夜の酒はどうなるだろう。と、酒のことばかりを気にしていてはいけない。

本日、午前10時から蔵見学にご案内したご一行7名様は、ご家族連れだった。小さなお子さまがいらっしゃるにも関わらず、皆さま熱心に、僕の話を聴いてくださった。蔵見学が終わって店までご案内して、なお、ご一行に付き添い商品の説明をすることは、なにやら押し売りのような気がして僕はあまり好まない。

見学者用のサンダルなどを片付けるため蔵に戻り、ふたたび店に来てみると、ご一行は45年前からのお得意様で、今回もたくさんの商品をお買い上げくださった旨を販売係のオバタタキコさんは教えてくれた。恐懼とはこのことだ。有り難いことこの上無い。

夜は孫のリコに好物のマカロニグラタンを食べさせるため、家族と街の洋食屋におもむく。


朝飯 刺身湯波、納豆、厚揚げ豆腐と小松菜の炊き合わせ、茄子のソテー、ごぼうのたまり漬、胡瓜のぬか漬け、メシ、おろ抜き大根の葉の味噌汁
昼飯 「ふじや」の雷ラーメン
晩飯 「コスモス」のトマトとモッツァレラチーズのサラダカツレツドライマーティニ“TIO PEPE”、グラスの白ワイン、孫の作った人参のケーキ、”Old Parr”(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.5(土) 日光金谷ホテルの「百年ライスカレー」

午前、東京からいらっしゃった取材の方を、蔵の中や隠居にご案内する。昼は日光金谷ホテルにお連れして「百年ライスカレー」を一緒に食べていただく。この「百年ライスカレー」は、2003年に日光金谷ホテルの蔵から発見された、大正時代のレシピに依っているところからこの名が付けられた、いわくつきのものだ。そしてその付け合わせは上澤梅太郎商店の「らっきょうのたまり漬」と「ホロホロふりかけ」、というところが更に佳、である。

「ビーフ、チキン、鴨のうち、どちらになさいますか」と問うと、目の前の若い女の人は「…チキンでお願いします」と遠慮がちに答えた。僕は我が意を得たりとばかりに「ですよねー」と思わず発してしまったが、何が「ですよねー」なのか、相手は理解できなかっただろう。インドに旅した者からすれば、カレーは断然、チキンだ。しかし金谷ホテルのカレーは洋食由来のものだ。とすれは、実際に順当なのはビーフかも知れない。

チキンの「百年ライスカレー」のルーをこんもりと盛られらごはんにかけ、スプーンでひとすくいして口に運ぶ。その甘さ、そしてココナツミルクを思わせる香りとコクは、まるでゲーンキヨワーンのようで、日本人は元より、このところ増えつつある東南アジアからの旅行客には特に、圧倒的に好まれること間違いない。

互いに紅茶とコーヒーを飲み終えてラウンジを去るころ、入口の椅子にはたくさんの待ち客がいた。正午前の到着は正解だった。1週間後の連休から先は、どれほど混み合うことか。というか、渋滞の中を、この歴史と格式を誇るホテルまで辿り着くのも困難かも知れない。

取材の方は下今市13:35発の上り特急でお帰りになった。きっと良い番組になるだろう。


朝飯 焼きトマトを添えた目玉焼き、大根おろしを薬味にした納豆、「なめこのたまり炊」によるなめこおろし、刺身湯波、胡瓜のぬか漬け、ごぼうのたまり漬、メシ、大根とシメジの味噌汁
昼飯 「金谷ホテル」の「百年ライスカレー(チキン)」付け合わせの「らっきょうのたまり漬(栃木県産小つぶちゃん)」と「ホロホロふりかけ」、コーヒー
晩飯 ジャガイモとツナとレタスのサラダトマトと浅蜊とグリーンアスパラガスのスパゲティChablis Billaud Simon 2016


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2019.10.4(金) 軽く済んで幸い

タイから戻った翌日か翌々日、つまり日曜日か月曜日に、腰に10円玉大の、そして右太ももの外側には1円玉大の、湿疹のようなものが発生した。手持ちの薬を塗り続けたにもかかわらず、症状は数日を経てまったく変わらない。

おとといの水曜日に市内の皮膚科を訪ねて、先ずは腰のそれを診てもらった。「あぁ、これは帯状疱疹ですね」と、先生は一瞬で断じた。帯状疱疹とは穏やかでない。「他にもできていませんか」と促されて、ズボンを膝まで降ろす。「あぁ、これは広がらないタイプですね」と、先生はなにやら自信がありそうである。「広がるか広がらないか、すぐに分かるものですか」と、いささか失礼な問いを発した僕に「えぇ、なんとなく」と、今度は先生は、すこし遠慮がちに答えた。

「ピリピリ痛みますか」と訊かれて「まったく痛みません」と返事をすると「それでは塗り薬だけお出ししておきましょう」と、先生はカルテにペンを走らせた。帯状疱疹とは意外だったが、それが広範囲に及ばず、しかも痛みも伴わないもので良かった。

日本人の3人に1人は発症するといわれる、そしていちど罹れば2度目はほとんどないらしい帯状疱疹が、僕の場合には軽く済んで幸いだった。このまま薬を塗り続ければ、1週間から10日で完治をするらしい。


朝飯 納豆、ほうれん草のおひたし、大根おろしを添えた厚揚げ豆腐の網焼き、ごぼうのたまり漬、キュウリのぬか漬け、ほぐし塩鮭、メシ、若布と玉葱とトマトの味噌汁
昼飯 「やぶ定」のラーメン
晩飯 椎茸と豆腐の卵とじスープ、豚肉と椎茸と赤パプリカと青梗菜の中華風炒め、刺身湯波の餡かけ、胡瓜のナムル風、芋焼酎「宝山」(お湯割り)、桃とマスカットの杏仁豆腐


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

< 古い日記へ  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

蔵見学