トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

< 古い日記へ  

2017.1.31(火) 仕事場ではできない仕事

「はい、指名手配」と、朝、事務室で家内が僕に下野新聞を開いて見せる。そこにはイトーカツユキ君の尽力により四半世紀ぶりに実現をした、今月3日に開かれた同窓会が紹介をされていた。下野新聞の名物「級友朋友」の紙面である。

家内はこの記事を「社長らしい人が下野新聞に出ている」と、出勤した社員のヤマダカオリさんに教えられたのだという。次は文藝春秋の「同級生交歓」だろうか。まぁ、それはないだろう。

2月15日の水曜日から同21日の火曜日まで、日本橋タカシマヤに出店をする。それに先立ち、毎年この催しに来てくださっているお客様、また来ていただけそうなお客様にご案内のハガキをお送りする、その宛先を顧客名簿から選び出す作業を11時すこし前から始める。

この仕事には大変な精密さが求められるため、電話、あるいは「近くまで参りましたのでお寄りしました」などと腰をかがめつついきなり訪ねてくる人を避ける必要がある。事務室を離れ、先ずは4階の食堂にコンピュータや自作の作業手順書を開く。

誤った操作をしたことを、40分ほど経ったところで気づく。新しい方法を試したことが仇になった。時刻は正午にちかい。気分転換が必要だ。昼食は満腹にならない、たとえばトーストとコーヒーあたりが適当と思われる。そのようなものの摂れる店が我が街にはあるだろうか。顔見知りに遭遇しては気分転換にはならない。

ホンダフィットを走らせ大谷川沿いの「ガスト」へ行く。ひとつだけ空いていた禁煙席に案内をされる。メニュを開くと普通のトーストは無かった。日替わりランチとおなじ499円のフレンチトーストを仕方なく選ぶ。ドリンクバーも頼む。内容の割には結構な金額になるけれど、仕方が無い。

フレンチトーストのメイプルシロップが効いたか、午後は頭が冴えた。より高い精度を得るための新しい手法も見つけ、それをこれまでの手順書に書き加える。

ようやく事務室へ降り、事務係3名のコンピュータに、選び出したばかりのデータを配布する。彼女たちはこれから2日ほどをかけて、そのデータを更に磨く。

ハガキは今日の午前にセイブンシャ印刷から届けられた。郵便局の人も、最後の打合せに来てくれた。ご案内のハガキは来月上旬の投函である


朝飯 らっきょうのたまり漬、納豆、煮昆布、揚げ湯波と小松菜の淡味炊き、エノキダケと三つ葉の酢の物、里芋と鶏挽き肉の淡味炊き、「なめこのたまり炊」のスクランブルドエッグ、メシ、揚げ湯波と万能葱の味噌汁、いちご
昼飯 「ガスト」のフレンチトースト、コーヒー
晩飯 “TIO PEPE”牡蠣とレタスのサラダノドグロのアクアパッツァトマトとにんにくのスパゲティ“Petit Chablis Billaud Simon 2015”いちごとバウムクーヘンのクリームかけ

2017.1.30(月) 辺境

寝たのは0時すぎだったにもかかわらず、目を覚まして枕頭のiPhoneを見ると、時刻はいまだ4時台だった。非喫煙者に割り当てられたロイヤルルームは、洋室と和室によるふたつの寝室を備えている。僕は極端な早寝早起きであることを申告し、ひとり和室で寝た。よって誰に遠慮をすることもない、即、起床をしてコンピュータを開き、きのうの日記を書く。

いまだ暗いうちからカーテンを開け放つ。外が徐々に明るくなってくる。昨夜半に降り始めた雨は上がっていた。沖の一角には日も差している。昨夜みなで確認した7時30分に、食堂に降りる。

9時にホテルを出る。立ち寄った那珂湊の魚市場でノドグロ3尾を買う。宇都宮を経由して昼前に帰社すると、僕の不在のあいだに宇都宮での仕事ができていた。よってホンダフィットの運転席に乗り、今しがた下ってきたばかりの日光宇都宮道路を、今度は宇都宮を目指して上っていく。

晩のおかずはノドグロの煮付けだった。動物であれ魚であれ、肉よりは、耳、尻尾、爪先、皮、鰭、目玉、内臓などの、いわば「可食部の辺境」とでも呼ぶべきところの方が好きだ。そして今夜のノドグロにおいても、エラの後ろにニューッと突き出たコリコリの部分は家内の分ももらって食べる


朝飯 「ホテルニュー白亜紀」の朝のブッフェ
昼飯 「丸亀製麺」のホーボー天ぶっかけうどん、明太子のおむすび
晩飯 エノキダケと三つ葉の酢の物ノドグロの煮つけ、「大七酒造」の「皆伝純米吟醸」(燗)

2017.1.29(日) ロイヤルルーム

僕には孤独癖があって、ひとりで勝手にしていることを好む。しかし常に勝手にはしていられない。集団の一員として席や会合に連なることもある。心の負担になる団体には加わらない。一方、好きで行く集まりもある。栃木県味噌工業協同組合の新年会には喜んで行く。

この団体の新年会は、たまには例外もあるけれど、ここ10年ほどは、茨城県の海沿いに泊まる形で続いている。夜の食事は大抵、鮟鱇鍋だ。

現地まではいつも、申し訳のないことながら、先輩のクルマに乗せていってもらう。極端な早寝早起きにて、今朝は2時台から目が覚めている。よって道中ではときどき居眠りをする。

ホテルには、宴会の始まる2時間も前に着いてしまった。ひと休みをしてから露天風呂へ出かけ、体を温める。沖のそれほど遠くないところを、クルマでも積んでいるらしい巨大な貨物船が過ぎていく。

このところ洋の東西を問わず、喫煙者が割を食う機会が増えている。今回の喫煙部屋は、駐車場に面して西日が差している。僕を含む非喫煙者に用意をされたのは海に面した角部屋で、2面の壁に窓の開いた「ロイヤルルーム」だった。

宴会の後はその「ロイヤルルーム」に参加者全員が集まり、午前0時まで歓談を尽くす。


朝飯 塩鮭、生玉子、ほうれん草のソテー、納豆、昆布煮、なめこのたまり炊、メシ、揚げ湯波と長葱の味噌汁
昼飯 「やぶ定」のカレー南蛮蕎麦、ライス
晩飯 「ホテルニュー白亜紀」の前菜刺身鮟鱇鍋、他あれこれ、ビール、日本酒(燗)

2017.1.28(土) ハガキの校正

2月15日の水曜日から同21日の火曜日まで、日本橋の髙島屋東京店に出店をする。それを、毎年この催しに来てくださっているお客様、また来ていただけそうなお客様にお知らせするハガキの最終校正が、セイブンシャ印刷からファクシミリで送られてきた。

百貨店などの仕事はすべて長男に引継ぎ済みではあるけれど、長男が書いたそのハガキの文面に一部、気になるところがあった。本日、長男は生憎と出張で不在にしている。よって僕の独断にてセイブンシャ印刷まで出かけ、その部分のみ修正するよう頼む。

ハガキの送り先を顧客名簿から選び出す作業は精密を極め、いまだ僕の手を離れていない。これについても、できるだけ早く長男に引き継ぎたい。

所用にて18時に町内の公民館へとおもむく。帰るとサラダとグラタンの用意ができていた。スペインのすこし高級なワインは半ダースを飲みきった。来週からは、フランスのそこそこのワインに切り替わる予定である。


朝飯 たまり漬その他による5種のおむすび、らっきょうのたまり漬、長葱の味噌汁
昼飯 「ふじや」の野菜麺
晩飯 トマトとレタスと里芋とツナのサラダ鶏肉とマッシュルームとスパゲティのグラタン“Qué bonito cacareaba2013”ロールケーキ

2017.1.27(金) 人のことは嗤えない

僕の、タイの北部好きを知って「チェンマイに美味いドイツ料理屋があるんですよ」と教えてくれた人がいる。なぜタイまで行きながらドイツ料理を食べるか。あるいはまたバンコクで「カオソイ、カオソイ」と騒ぐ人がいる。カオソイが食べたければタイの北部へ行けば良い。

きのう僕は鬼怒川温泉でイタリア料理を食べた。頼んだものには鯛のカルパッチョ、牡蠣のスパゲティ、イカ墨のスパゲティが含まれていた。「チェンマイでドイツ料理」の人や「バンコクでカオソイ」の人を嗤いながら、自分もおなじことをしているのだ。

大勢に従って豊洲へ移転をすべきか、あるいは築地に残るべきか、悩んだに違いないダシ屋から煮干しが届く。300gで993円の煮干しである。

3人分の味噌汁に、僕は600ccの水を用意する。ここに投入する煮干しは6尾。6尾の煮干しは重さにして12g。つまりウチの味噌汁の、ダシにかかる経費は1杯あたり13.24円ということになる。これを知ればティーバッグ型のダシはちと使いづらい。

築地の場外に居残ったダシ屋は、豊洲の混迷を見るにつけ胸をなで下ろしているのいではないか。そして宅急便を使えば、今やダシはおろか、新鮮な魚貝類さえ全国の市場からすぐに届く。鬼怒川温泉の牡蠣も、そういう次第にて美味かった。ただし、タイではタイのメシに専念をしたい。


朝飯 ほうれん草のおひたし、納豆、トマトのスクランブルドエッグ、鰯の梅煮、ひじきと人参と揚げ湯波の甘辛煮、すぐき、メシ、白菜とベーコンの味噌汁
昼飯 ひじきと人参と揚げ湯波の甘辛煮、すぐき、なめこのたまり炊、しいたけのたまり炊、梅干し、明太子によるお茶漬け
晩飯 ピータン、しいたけのたまり炊、白菜と春菊のソテー、2種の焼売、「大七酒造」の「皆伝純米吟醸」(燗)

2017.1.26(木) 雪はいつの間に増したのか

朝、いつものように在庫調べと拭き掃除をするため、日光街道を自転車で下り、道の駅「日光街道ニコニコ本陣」へとおもむく。そこから会社へ戻りつつ視線を上げると、素晴らしく青い空から山々が浮き上がって見えた。雪はいつの間に増したのだろう。

昼がちかくなるころ、先ほどは山を撮った”NIKON D610″のレンズを24~85mmのズームから60mmのマクロに換える。そして今月のはじめに、これまでのビンづめから袋づめに変わった「しいたけのたまり炊」の写真を複数、撮る。これは自社ショップではなくYahoo!ショッピングのためのもので、いずれは本職に頼む、それまでの「つなぎ」の画像である。

夜は家内と長男との3人で鬼怒川温泉へ行き、用を足す。そのついでと言っては何だけれど、先週の木曜日には大急ぎで食べなくてはならなかった「カミーノ」のあれこれを、今日こそはゆっくりと楽しむ。


朝飯 ほうれん草のソテー、ひじきと人参と揚げ湯波の甘辛煮、ベーコンエッグ、すぐきを薬味にした納豆、らっきょうのたまり漬、メシ、キャベツの味噌汁
昼飯 「大貫屋」の塩チャンポン
晩飯 「カミーノ」のトマトとバジルのサラダ鯛のカルパッチョにんにくとパンのスープ牡蠣のスパゲティイカ墨のスパゲティ牛すね肉の煮込み“Nanfro Strade Insolia 2012”ティラミスエスプレッソ

2017.1.25(水) ピーマン

明日には変わる可能性もあるけれど「もっとも好きな野菜は」と訊かれれば、今のところは「ピーマン」と答えるかも知れない。

「味噌汁にピーマンの香りはそぐわない」という家内が今朝はパンを食べるという。それを奇貨として、今朝は玉葱の味噌汁の薬味にピーマンを使う。おかずは冷蔵庫から取り出した常備菜で、すべて冷たい。しかしごはんが温かく、味噌汁が熱々なら、僕には特段の問題もない。自分が調理した味噌汁を口に含んだ途端「あー、美味い」と、思わず声が漏れる。

外国為替、振込手数料、営業外費用を気にする割に、クレジットカードのポイントにはひどく無頓着である。

「楽天市場」からの、普段は読むことなく捨てているメールを今日はたまたま開いてみた。有効期限の迫っているポイントのあることを報せるメールだった。その文中のバナーをクリックし、開いたウェブページを見ていくと、過去に合計で1万円ちかくのポイントを失ってきたことが分かった。今月末に失効するポイントは1,350円。そう言われても、欲しいものはない。

ふと思いついて、さきおとといに2ダース注文したプティシャブリを、追加で更に買うこととした。今日の注文は、先の2ダースとおなじ蔵のプティシャブリ10本とシャブリが2本。12本のうちの2本をシャブリにしたのは、そうしないと送料無料の価格帯に達しなかったからだ。

数日もすれば、計36本のワインが届く。ことし1年分の白ワインはこれで確保ができた。鶏肉とマカロニのグラタン、クリームシチュー、ジャガイモとソーセージのカリカリ焼き、オイルサーディンとトマトとモツァレラチーズのサラダ。「何でも来い」の気分である。


朝飯 納豆、エリンギと小松菜の胡麻和え、ひじきと人参と揚げ湯波の甘辛煮、ツナとレタスのサラダ、すぐき、明太子、メシ、玉葱とピーマンの味噌汁
昼飯 昆布と牛蒡と蓮根の佃煮、すぐき、鰯の梅煮、蕪のぬか漬け、明太子によるお茶漬け
晩飯 牛肉としいたけとあれこれの野菜による火鍋、「常楽酒造」の「黒麹焼き芋」(お湯割り)

2017.1.24(火) トンカツデー

20名の社員のうち5名が妊娠、あるいは出産を経て産休、はたまた退職という非常事態にできるだけ人員を確保するため、僕は11時30分から、家内は13時30分からと、その 昼休みを分けることにしたのは昨年9月のことだ。

ところが今日は事務係のツブクユキさんが、その11時30分に、女性のお客様用トイレに溢水を発見した。連絡をしたカトー興行のカトーヨーイチさんはすぐに駆けつけてくれた。地下パイプの詰まりは男性用のトイレにまで及び、一時は専門の業者を呼ばなくてはならないかと懸念をした場面もあったけれど、何とか復旧をした。

この一件で僕の昼食は13時30分まで遅れた。お茶漬けで簡単に済ませようと考えていたところ「私がつくって上げるよ」と、おひつに残っていた米飯すべてを投入したような、山盛りのカツ丼を家内は仕上げてくれた。

夕刻、腹が減らずに胃薬を飲む。今日は日本酒に特化した飲み会「本酒会」の例会日で、月ごとに変わる会場は、今回は二宮神社の参道にある「とんかつ一彦」である。

19時15分、冷えに冷えた4本の四合瓶を紙袋に入れ、日光街道を下る。「とんかつ一彦」の、まるで隠れ家のような2階の四畳半に席を占める。そしてサクサクの上出来なカツを含む酒肴にて4種の日本酒を飲む。

今夜の食べ物はその酒肴に留まらず、締めの食事はメニュの中のどれでもかまわないから注文してくれという。そう言われて最高値付近を選ぶのはさもしい行いである。結局は店主の薦めにしたがい、しかしそのロースカツは包んでもらって家への土産とする。


朝飯 納豆、ひじきと人参と揚げ湯波の甘辛煮、鰯の梅煮、エリンギと小松菜の胡麻和え、すぐき、明太子、らっきょうのたまり漬、メシ、万能葱の味噌汁
昼飯 カツ丼、胡瓜と蕪のぬか漬け
晩飯 「とんかつ一彦」の酒肴あれこれ、4種の日本酒(冷や)

2017.1.23(月) デフォールト

下今市09:01発の上り特急スペーシアに乗る。コンピュータの他に、普段は持たない電源コード、更には外付けハードディスクまで呑み込んだ今日のザックは重い。きのうとおとといの新聞から興味を惹く紙面のみ抜き取って持参をした、幾枚も無いそれを読むうち春日部に達する。

駒込には10時53分に着いた。コーヒーを飲んで一服したい気持ちがあったけれど、先方との約束は11時だったため、その小休止は諦める。

さきおととい20日に書き送った、ウェブショップの修正についての20項目に、あらたにひとつ付け加えた作業を、外注SEのササキナオヤさんと質疑応答をしながら続ける。

「この舌足らずの説明ではパスワードを変更する方法が分からない」と、お客様からクレームを戴いた説明文が、ショッピングカート”FutureShop2″ではデフォールトとなっていて修正は不可能、あるいは支払い方法を選ぶ際に僕が違和感を覚えた部分が、これまた”FutureShop2″ではデフォールトとなっていて修正は不可能、という事実を知って「だったら、どうするか」と対応策を考える。または諦めなくてはならないところについては諦める。

そのような、障害物競走のような作業を何時間も続ける。それはまた、なかなか楽しい仕事でもある。

ふと気づくと日が隨分と長くなっている。つい先日まで、17時といえば夜も同然だった。しかし今はまた、その時間が夕刻の領域にまで戻ってきている。

湯島天神下で飲み終えると、しかし時刻はいまだ18時30分だった。普段よりも2時間は早い仕上がりである。北千住には18時47分に着いた。そして余裕を以て19:11発の下り特急スペーシアに乗る。


朝飯 5種のおむすび、らっきょうのたまり漬、豆腐と万能葱の味噌汁
昼飯 「じみち」のベーコンエッグ定食
晩飯 「シンスケ」のあれや、これや、それや。タルヒヤ

2017.1.22(日) 買い物デー

飲みつけているシャブリが昨年末に枯渇した。この白ワインはウェブ上に目立たず、手に入らない時期もあったけれど、昨年、融通の利く店を見つけた。ウェブショップでの買い物は履歴がメーラーに残る。それらはひとつのフォルダにまとめてあるから、検索をすればすぐに、とうに忘れた店の名前でも見つけることができる。

年が明けて間もなく、その店にそのシャブリを注文しようとして「正月休みに迷惑をかけてもいけない、もう少し待とう」と遠慮をした。妙に気を遣うところが僕にはある。そうして時はいたずらに経って、いまだ注文はされていない。「シャブリ」というメモは、2週間も机の上に置かれたままだ。

昨年、試した限りでは、その蔵のものであれば、シャブリではなく、プティシャブリでも僕の舌は満足をする。そして遂に、今朝はそのワイン2ダースを注文する。それに勢いを得て内田百閒の本1冊も注文する。更には朝食用の丸盆も注文する。いま使っているお盆は2階の倉庫から発掘してきた樹脂製の安物なのだ。

そうして取りあえずは満足をして、それら3件の買い物を小遣い帳に記録する。


朝飯 ひじきと人参と揚げ湯波の甘辛煮、納豆、ほうれん草のソテー、明太子、大根の麹漬け、柴漬け、メシ、豆腐と揚げ湯波と三つ葉の味噌汁
昼飯 鯵のちらし鮨、柴漬け、らっきょうのたまり漬
晩飯 鯵の酢締めとトマトとレタスのサラダソーセージのスパゲティ“Qué bonito cacareaba2013”

< 古い日記へ  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

蔵見学