トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

< 古い日記へ  

2018.7.31(火) あちらこちら

上澤梅太郎商店の「らっきょうのたまり漬」と「大根のたまり漬」が、今月23日より「もへじ」のブランドで、全国に店舗網を持つKALDIの76店舗で販売をされはじめた。それを受けて今日はそれらのお店のうち、長男は城東地区を、僕は城西地区を見て回ることとして、それぞれ別の時間に出発した。

「見て回る」とはいえ、お店とお店のあいだには公共交通機関を使って数十分の距離があるため、そうたくさんは訪問できない。また今日の仕事は、それだけではない、14時には、パフレットや包装資材のデザインを任せている先で、新しい商品についての詰めを行うことになっている。表参道の駅からその事務所までは、今日に限っては時間短縮のため、タクシーを使うこととなった。

事務所での話し合いを終えると16時。「もう1軒くらいは回れるだろう」と、長男とは表参道の駅で分かれた。

18時ちかくに神保町に出る。今日の夕食は、長男と次男との3人で摂ることにしていたのだ。予約をした料理屋へ行くと、その外で次男が待っていた。間もなく長男も来る。そして2時間ほどの飲酒喫飯活動を行う。


朝飯 刻みオクラの胡麻和え、人参の炒りつけ、油揚げと小松菜の炊き合わせ、生のトマト、納豆、すぐき、らっきょう「夏太郎」、メシ、揚げ湯波と大根の味噌汁
昼飯 「はなまるうどん」のとろ玉めかぶぶっかけうどん
晩飯 “Bistro Maturista”のあれやこれやそれやドライシェリーのソーダ割り、アルゼンチンのメルロー、マール(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.30(月) ヒグラシ

「日光の山野草と野鳥について書ける人を紹介して欲しい」と、もう15年ほども前になるだろうか、ある雑誌から頼まれたことがある。思い当たる人に断られ、しかしその家で紹介された日光の自然観察家にしてロッジの経営者が、その仕事を引き受けてくれた。「ヒグラシと、驟雨を愛でる清閑の、心の****、発見の旅」とは、その人が僕の日記に付けてくれた、いわば副題である。「****」の4文字は忘れた。

検索エンジンで探しても見つからないから、その一節はウェブ上には存在しないのだろう。諦めかけて、ふと思いついて、一部の語句をコンピュータの「プログラムとファイルの検索」にかけてみた。すると果たしてその25文字が、地の底から這い上がるようにして日の当たるところに出てきた。それは「ヒグラシと、驟雨を愛でる清閑の、人とのかかわり、発見の旅」だった。「心の…」は、つまり僕の記憶ちがいである。

そのヒグラシの声を、今朝は4時30分に聞いた。聞こえてきた方角は東南東。そのヒグラシの声が雀のさえずりに変わる。時刻は4時50分。6時が近づくころ、空はそれまでの曇りから晴れに転じた。

午前は長男と宇都宮の得意先を訪ね、午後は通常の業務に復帰する。


朝飯 刻みオクラの鰹節かけ、油揚げと小松菜の炊き合わせ、巻湯波の淡味炊き、納豆、温泉玉子、人参の炒りつけ、明太子、らっきょう「夏太郎」、メシ、トマトとズッキーニと椎茸の味噌汁
昼飯 「十文字食堂」の地獄麺
晩飯 レタスとジャガイモのサラダ、隠元豆のソテーを添えた鶏の網焼きトマトソースパン“TIO PEPE”“Petit Chablis Billaud Simon 2015”ブルーベリーのアイスクリーム、”Old Parr”(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.29(日) 台風一過

目を覚ますと時刻は4時をすこし過ぎたところだった。すぐに起きて食堂に移る。

南東に面した窓を開けて、外の様子を覗う。雨は弱くなっている。しかし風はいまだ強い。風向きによるのか、雨滴が家の中に吹き込む気配は無い。よって今度は南西に向いた窓も開けてみる。湿り気を帯びた風が、部屋の中を勢いよく吹き抜けていく。

湿度の高さに辟易して、窓は30分ほどして閉めた。そして今度はエアコンディショナーを「除湿」にして回しつつ、立ち上げたコンピュータの検索エンジンに「天気予報」と打ち込む。

「台風12号 29日は西日本豪雨地域で再び激しい雨警戒」
「台風12号 強い勢力で上陸か」
「台風12号の影響で29(日)フェーン発生か 北陸で40℃近い猛暑予想」
「強い台風12号 深夜に三重県付近に上陸する見込み」

「三重県が暴風域に入りました」
「台風12号 三重県伊勢市付近に上陸 紀伊半島の東側からの上陸は初」
「奈良県で約110ミリ 記録的短時間大雨」
「奈良県 記録的短時間大雨次々と」

1時間ごとの情報が、サムネイルの天気図と共に更新されている。そのサムネイルをクリックして更に詳しい情報を得ようとするも、今月24日の日記に書いた通り、僕のiPhoneは現在、速度制限の最中にあって、先に進むことが能わない。インターネットは諦めて、テレビのスイッチを入れる。

ここしばらく、昼食の時間にテレビをつけると猛暑のニュース。午後、水を飲むため仕事場から食堂まで上がってきてテレビのスイッチを入れるとワイドショーの話題は猛暑。夜のテレビのニュースはまたまた猛暑への注意喚起。「1日中、やらなくてもいいじゃねぇか」と思っていた。今日の未明からしばらくは、テレビも流石に猛暑から離れて台風の周辺を伝えるだろう。先般の豪雨で被害に遭った人たちが、この台風で更に痛めつけられることの無いよう、願うばかりだ。

台風12号の発生に伴って、我が日光市には大雨注意報が出ていた。「一体全体、どこにそんな雨が降ったのか」と不思議になるほどの、今日の日光の天気は穏やかだった。


朝飯 モロヘイヤのたたき、巻湯波の淡味炊き、「なめこのたまりだき」のフワトロ玉子、人参の炒りつけ、生のトマト、刺身湯波、めんたいこ、ごぼうのたまり漬、メシ、油揚げとズッキーニの味噌汁
昼飯 「たなか」の柿の葉鮨
晩飯 トマトとベビーリーフとモッツァレラチーズのサラダたまり漬「鬼おろしにんにく」のバターライスマッシュドポテトのオーブン焼きステーキ其の一ステーキ其の二ステーキに添えたたまり漬「国産にんにく」“Menage a Trois Folie a Deux 2016”“Chez Akabane”の桃のケーキ


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.28(土) 珍しく効くサプリメント

ここ数年のあいだ、facebook上のコメントをきっかけとして商品を買う機会が増えてきた。そのコメントは常に、その商品を売る人の宣伝によるものではなく、その商品を使っている人の書き込みによる。

ひと月ほど前には「若いころから疲れて、疲れて、立っているなどはとてもできないから、立食パーティにも出られなかった」という人が「これを飲むようになって以降、自分は一般の人と同じほどに動けるようになった」と画像を上げていたサプリメントを買ってみた。それが届いて飲んでみて、数週間が経つけれど、僕には効かない。というか、考えてみれば、僕は「疲れて、疲れて、立っているなどはとてもできない」人間ではないから、そのようなものを摂取する必要はもともと無かったのだ。大笑いである。

それからしばらくして、今度は「朝、起きた途端に疲れている」という人のための、睡眠の質を向上させるサプリメントというものを、またまたfacebookで目にした。実は僕は、1日の中でもっとも疲れを感じるのが、目覚めたときなのだ。そしてこのサプリメントも、懲りずに注文してみた。

おととい届いたこれを、その晩に早速、飲んで寝た。翌朝27日に目を覚ましたときの実感は「なるほど、疲れていない」だった。きのうの夜も、このサプリメントを飲んだことは言うまでもない。今朝は4時前に目が覚めた。そのときの気分も「やっぱり疲れていない」だった。

これは僕だけに起きる現象なのかも知れないけれど、効果の実感できるサプリメントは珍しい。今回のサプリメントの難点は、ビタミン剤などにくらべて値段が高いことだ。買ったのは1ヶ月分。以降も買い続けるかどうかは「飲まなくなったら、またまた朝の疲れがぶり返すのか否か」を確かめてから決めようと思う。


朝飯 ジーマミー豆腐の冷や奴、納豆、ほうれん草の胡麻和え、炒り豆腐、人参と蓮根のきんぴら、ごぼうのたまり漬、めんたいこ、メシ、溶き卵とロメオレタスの味噌汁
昼飯 「ニジコ」の冷やし中華
晩飯 「魚登久」のう巻き鰻重、漬物、肝吸い「片山酒造」のカストリ焼酎「粕華」(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.27(金) 行っていない旅行の決算報告

ウチに栃木県の指定文化財3点のあることは、むかしから知っていた。昨秋、この所在を確かめるため、市から2名の職員が来た。よってその3点、それは脇差しと拵え、そして、この脇差しとは関係のない鐔であるが、それを彼らの前に差し出した。このような品物は、代が変わると行方不明になる例が多いのだという。

この3点について、今度は所有者の変更を行うとのことで、ふたたび市から、今度はそのための書類が届けられた。これには繁忙に紛れて1週間ほど手を触れないままででいたものの、いつまでそのままにするわけにもいかない。

記入用紙に目を通すと、専門家に確かめなくては記入のできないところもある。即、担当者にウチまで来てもらう。そしてその紙をあらかた文字で埋めたところで、またまた筆が止まる。所有者の変更年月日には、いつの日付を入れるべきか

調べてもらったところ、ここには前の持ち主の財産分割協議書が作成された日が記入されるという。そういう次第にて、市の職員にはいちど帰ってもらい、オヤジの財産分割協議書を探し、ようやく書類の完成したところで、足労をかけて申し訳ないことだけれど、もう1度、担当者に来てもらう。オヤジが亡くなって13年。このような手続きが必要とは、つゆほども知らなかった。

18時に店が閉まり、3台あるキャッシュレジスターを締めると時刻は18時20分。ここから大急ぎで、町内役員が親睦のため積み立てている通帳と、あらかじめ作っておいた、今月21日から22日にかけて行われた旅行の決算書を複写して8部を作る。この旅行に僕は参加をすることができなかったけれど、会計を預かる者として、決算報告はしておいたほうが良いだろう。

その決算書の入った封筒を持って日光街道を下る。そして8名分の席を予約した居酒屋の戸を引く。


朝飯 ほうれん草ともやしの切り昆布和え、納豆、人参と蓮根のきんぴら、温泉玉子、炒り豆腐、ごぼうのたまり漬、メシ、浅蜊と万能葱の味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 「和光」の刺身の盛り合わせ焼き鳥漬物の盛り合わせ、他あれこれ、麦焼酎「二階堂」(ソーダ割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.26(木) すこし鳥肌

与世山澄子の名は佐野眞一の「沖縄 誰にも書かれたくなかった戦後史」で知った。彼女のアルバム”INTERLUDE”をamazonから取り寄せて聴いてみた。

あのボブ・ホープが「アメリカに連れていく」とまで力を入れていたという、そしてマル・ウォルドロンとの二人組によるアルバムまで出している、更にはジャズ通の柳家小三治が沖縄まで聴きに行き、帰ってからは思い出すたび泣くという与世山の歌の良さについては、僕には分からなかった。しかし「バックのピアノは上手めぇな」とは感じた。

ケースからライナーノーツを引き出し読むと、ピアニストの名は南博とあった。どこかで聞いた名前だ。そしてハッとした。南博とは、あの「白鍵と黒鍵の間に」を書いた南博ではないか。ここで僕は、すこし鳥肌を立てた。南博の書いた本は読んでいても、ピアノは聴いたことがなかったのだ。

未明にコンピュータを立ち上げ、amazonの中をしばらく逍遥してから南博の”Like Someone In Love”を注文する。CDは、今月中には届くらしい。


朝飯 ピーマンと人参の炒りつけ、金目鯛の煮こごり、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、納豆、ごぼうのたまり漬、煮昆布、メシ、トマトと揚げ湯波と長葱の味噌汁
昼飯 冷や素麺
晩飯 ほうれん草ともやしの切り昆布和え、人参と蓮根ときんぴら、炒り豆腐、空心菜の豆味噌炒め、生のトマト、揚げ物あれこれ、トマトハイ


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.25(水) 山賊の酒盛り

「オレはグラスにしてちょうだい。ジョッキはどうも、山賊の酒盛りみたいで…」と、ある会食の席で真ん中に座った人が言った。「それでは皆さん、とりあえず生ビール、ということで」と幹事役がにこやかに宣言をした直後のことだ。「なるほど、山賊の酒盛りか、上手いことを言うな」と、僕はいたく感心をした。

僕は夏でもビールはほとんど飲まない。それでもたまには気が変わって飲むこともある。そのようなときにはやはり、ジョッキはできれば避けたい。あの縁の厚さが、酒の美味さを減じせしめるのだ。下から4分の1のあたりに星のマークの付いたチューハイグラスでさえ、縁の厚さが気にかかる。ビールに限らず酒はほぼすべからく、縁の薄い器で飲みたい。

何年か前にバンコクのチャルンクルン通りでステンレス製のコップを買った。薄い縁が外側にすこし広がっていて飲みやすい。もうすこし小さければ完璧と思わないでもない。しかしコップを氷で満たす癖のある僕には、これくらいの容量がちょうど良いのかも知れない。

「縁の厚さにはうるさいことを言いながら、金属製については平気なのか」と問われれば、なぜかそのあたりは許容ができる。「割れない」というところも金属製の持つ美質である。

海外へ旅に出る際には大抵、このコップを持参する。そして地元の焼酎をソーダで割るのだ。ところで今夜は家にいるものの、ふと興趣がわいて、このコップを使ってみた。ソーダで割った安い焼酎は、しごく美味かった。


朝飯 めんたいこ、胡瓜と水茄子のぬか漬け、なめこのたまりだき、ごぼうのたまりづけ、煮昆布によるお茶漬け
昼飯 「カルフールキッチン」のおむすび弁当、「日光HIMITSU豚のフリーズドライ豚汁」に薬味として刻んだ茗荷を加えた味噌汁
晩飯 スパゲティサラダ、煮込み豆腐、胡瓜と水茄子のぬか漬け、日光産のらっきょうを塩と酢だけで漬けた「旬しあげ生 夏太郎」、「寶酒造」の「タカラモダン」(ソーダ割り)「久埜」の麩まんじゅう


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.24(火) 契約の更改

月末まで1週間ほどに迫ったころからiPhoneの通信速度が極端に落ちることは、数ヶ月前の日記に書いた。その速度の低下は、パケット通信の容量を使い切ったことによる速度制限に違いない。6月は海外に10日以上も出るから、この速度制限は起きないだろうと踏んで、何もしなかった。きのうは列車の遅れにより病院の予約時間に間に合わない事態に遭遇し、iPhoneの乗り換え案内に頼るうち、その速度制限が発生した。

パケット通信の容量を上げる必要があるとは、だから数ヶ月前から考えていたことだ。そして本日、遂に地元のドコモショップを訪ねる。

これまでのパケット通信は「データLパック(大容量)」で、容量は8ギガバイト、料金は6,700円だった。係から教えられた、新しい「ウルトラデータLパック」の容量は20ギガバイトで、料金は驚くことに、今の契約より安い6,000円になっていた。ドコモのサービス内容を頻繁に調べていなければ、このようなことは分からない。

いわゆる「ガラケー」の時代に地下鉄銀座線の車内で携帯電話を落とした。そのことを僕は、所轄の上野警察署からハガキが届いて初めて知った。紛失しても気づかないほど、こと通話に限っては、僕は携帯電話はほとんど使わないのだ。

その通話について、5分以内の通話なら月にどれだけ使っても1,700円の「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」に、これまでは入っていたらしい。それを今日は、基本料金980円、30秒の通話ごとに20円の料金が発生する「シンプルプラン(スマホ)」に改めた。

{1,700円(以前の基本料金)ー980円(新しい基本料金)}÷20円(30秒あたりの通話料)
の式で計算をしてみると、ひと月の通話が18分間を超えない限り、新しい契約の方が安くなる勘定だ。こちらから先方に電話をかけて月に18分以上も会話をするなどは、僕には考えられない。iPhoneはほとんど、ブラウジングかデザリングにしか使わないのだ。

詳細は省くが、更に他の部分でも今より料金の安くなる契約を交わしてドコモショップを去る。来月から、いまいましい速度制限は、もはや発生しないだろう。ひと安心、である。


朝飯 ジーマミー豆腐の冷や奴、ピーマンと人参の炒りつけ、トマトのスクランブルドエッグ、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、明太子、昆布とじゃこと山椒の佃煮、ごぼうのたまり漬、メシ、揚げ湯波と万能葱の味噌汁
昼飯 「ふじや」の冷やし中華
晩飯 ほうれん草と海苔のおひたし、ひじきと梅干しと白胡麻のふりかけ、うずら豆、金目鯛の煮付け、「松葉屋本店」の「北信流純米大吟醸」(冷や)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.23(月) 手術前検査

今日は白内障の手術を前提とした検査が、今月17日に初診をしてもらった眼科である。眼科の最寄り駅は東武野田線の七里、先方から言い渡された時間は9時30分だ。

新橋駅の2番ホームに8時20分に上がると「川崎駅での急病人の搬送により、ダイヤはおおむね20分遅れ」のアナウンスが流れていた。よって京浜東北線の6番ホームに移動をする。しかし遅れているのは、こちらもおなじだった。

赤羽駅まで来ると時刻は9時28分。ここでようやく、これまで話し中だった眼科に電話が通じる。遅れる旨を伝えると「どうぞ、お気をつけていらっしゃってください」と、受付の女の人は優しく返事をしてくれた。結局のところ、眼科に着いたのは10時15分だった。

検査は2時間ほどで終わった。眼科で出してくれた処方箋を持って、50メートルほど離れた薬局を目指す。瞳孔を開くための目薬を差されているため、ひどく眩しい。どれほど眩しいかというと、地面のアスファルトが雪のように見える。その真っ白な地面が太陽の直射を受けて、まるで競技場の照明のように強烈な光を発するのだ。とてもではないけれど、目を開けてはいられない。目の前に手をかざし、指と指の、1ミリほどの隙間から前方をのぞき見しつつ歩く。これでクルマの来る道を渡るのだから、危ないことこの上ない。

下り特急リバティが下今市に着いた14時40分になっても、その眩しさは、いささか弱まったとはいえ続いていた。目を細めつつ自転車のペダルを踏んで帰宅する。そしてシャワーを浴びてシャツを着替え、即、仕事場に降りる。


朝飯 「ガスト」の朝のブッフェ
昼飯 「カフェトーブ」のポークカレー
晩飯 揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、ジーマミー豆腐の冷や奴、ピーマンと人参の炒りつけ、鰆の西京焼き、水茄子のぬか漬け、ひじきと人参と白胡麻のふりかけ、明太子、「松葉屋本店」の「北信流純米大吟醸」(冷や)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2018.7.22(日) OA大会

普段は東京はじめ日本、あるいは海外の各地でMGを開催する西研究所が開く行う大きな催しのうち、春いまだ浅いころに神奈川県で開かれるのがMGフェスティバル、そして盛夏に東京で開かれるのがMG学会、そしてOA大会だ。OA大会とは稀代のデータベースソフト「マイツール」による事例発表である。

きのうとおなじ9:30開場、10:00開始とばかり思って9時35分に会場のドアを押すと、本日の司会進行役であるテシマヨーさんの開会の挨拶は既に始まっていた。

本日の発表者および、その主題は以下。

1.「みんなで作るMQ管理」 ニシヨーコさん
2.「マイツールで請求書作成」 フジタノリヨシさん
3.「作業日報(手書き)をマイツールに!」 ヌマオケンタさん
4.「移動平均から変化を掴みMQ改善へ」 イワオカタカオさん
5.「PQ主義からMQ主義へ」 ダイテンマサオさん
6.「マイツールを使って自社のStrac2計画」 ヤマダトシカツさん
7.「マイツールによる給与計算」 コイズミサトシさん

夕刻ちかくにすべての発表が終わると、参加者全員に投票用紙が配られた。そこには自分が考える本日の最優秀の発表番号、そしてその理由が書かれるようになっている。すべての用紙が回収されると、ニシジュンイチロー先生と5名の審査員は、集計をするため別室に消えた。その結果は以下。

銅賞はヌマオケンタさん。社員さん各自による手書きのメモを、彼のお母さんが別紙に転記して早出、残業、現場ごとの作業日報を作成、それを電卓で集計して給与を算出していたものを、一気にデジタル化させた。使うソフトがマイツールだけに、省力化だけでなく、蓄積されたデータにより様々なことが結果として見えてきた、つまり1粒の飴玉が、実は2度も3度も甘かった、というところが痛快

銀賞はコイズミサトシさん。コンピュータを使わない社員さんにも楽に入力できる仕組みにより、タイムカードを廃し、これまではほぼ1日がかりで行っていた給与計算を、その数分の1に縮めることに成功した。誰にでも使える点、社員さんが入力をすると、即、それがV型ファイルにバックアップとして保管される点が秀逸

金賞はヤマダトシカツさん。多くの契約農家から旬の野菜や果物を消費者に直送する業態における、リスク管理と予算、この予算はMGを学ぶ者だけに売上げではなく、荒利総額を達成する仕組みの発表。考え得る様々な要因を入力しながら来年の数字をできるだけ精密に予測し、1年後にはその数字を達成する仕組みの構築。ご本人は「気がおかしくなるほどの作業」と言っていたが、その作業は実は、楽しさを伴うものではなかったか。吉田兼好の「あやしうこそものぐるほしけれ」である

会場での交流会は、18時にお開きになった。参加者のほとんどは、きのうと同じく、ちかくの居酒屋に流れて更に交流を続けるだろう。日光から参加したヌマオケンタ君が銅賞に入賞となれば、そして会場には日光のヌマオアキヒロさんはじめウチの長男や次男も来ていることからすれば、僕もまた一緒に飲むべきだろう。しかしきのうの日記に書いたと同じ理由にて、ひとり新橋に戻り、きのう入れたボトルの消費活動をする。


朝飯 「吉野家」の牛丼、味噌汁、生玉子、お新香
昼飯 「OA大会」会場のお弁当
晩飯 「まこちゃん」のガツ刺、白菜キムチ、もつ焼きあれこれ梅胡瓜「寶酒造」の「タカラモダン」(ソーダ割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

< 古い日記へ  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

蔵見学