トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

< 古い日記へ  

2017.11.23(木) ガンバロー会

休みの日は朝から晴れ上がることが理想である。ところが今日は、折角の祭日にもかかわらず、空は朝から曇ってとても暗い。遊びに出ようとする人の出鼻をくじくような天候である。ところが昼がちかくなると、気づかないうちに雲は一掃され、薄く雪をかぶった山々の上には青空が広がった。

製造現場には、先週に続いて完成を待つ「なめこのたまりだき」が大きな樽の「たまり」に漬け込まれて並んでいる。店舗では販売係が、初売りの数日間にお配りするお年賀を、接客の合間に作り続けている。紅葉狩りのお客様があらかた引いた今ごろは、ほんのいっときではあるけれど、社内は静かになるのだ。

ところがその静けさが、今日の夕刻に限ってはシンガポールからの団体様により、大変な賑わいに一変した。買っていただいたのは、主に「らっきょうのたまり漬」と味噌のたぐいである。東アジアから東南アジアにかけては、日本よりはるかに多種の醸造調味料を持ち、はるかに多様な調理法を駆使する。今日のお客様に教えていただいた「ひしお」の使い方は、早速、春のタイ行きで試してみよう。

これから年末にかけての繁忙を乗り切るべく、終業後は本日出勤の社員が応接間に集まり、家内と長男の料理により「ガンバロー会」を催す。


朝飯 切り昆布の炒り煮、揚げ湯波と蕪の葉の甘辛煮、スクランブルドエッグ、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、生のトマト、なすのたまり漬、納豆、メシ、揚げ湯波と長葱の味噌汁
昼飯 たまり漬「七種きざみあわせ・だんらん」、切り昆布の炒り煮、明太子によるお茶漬け
晩飯 3種のきのこのマリネブルスケッタトマトとアボカドとレタスのサラダブロッコリーのキッシュフォカッチャ若布の揚げパンソーセージとブラックオリーブのペンネソーセージとトリッパと牛すじ肉と豚の皮のトマト煮たまり漬「青森県田子町産のにんにくです。」によるガーリックライスイベリコ豚の肩ロースのローストアップルパイヨーグルトのムース、赤ワイン


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.22(水) 来年のカレンダー

業務日報をコンピュータで付けるようになった1992年から、僕は手帳を使っていない。しかしカレンダーはやはり必要で、事務机の左に掛けて、無くてはならない存在だ。

年末にお客様にお配りするものでもあるこのカレンダーは、多分、半世紀以上も意匠を変えていない。今や少なくなった旧式のそれには六曜や旧暦の他、多い月には十幾つもの伝統行事が記されている。余白は予定を書き込むことに最適で、僕は出かける際には今月分と来月分を複写して持ち、直近の日程調整に役立てている。

法人各社は、むかしほどカレンダーを配らなくなった。またデザインありきのカレンダーは、使われることなく廃棄されることが多い。そのようなことが因みなのかどうかは不明ながら、ウチの、この旧式のカレンダーを愛用してくださるお客様は少なくない。

今年もそろそろ、このカレンダーのことをメールマガジンでお知らせする時期が来た。購読者が目でお確かめになれるよう、来年のカレンダーを事務机の左に掛けて、その写真を撮る。


朝飯 焼き鱈子、切り昆布の炒り煮、スペイン風目玉焼き、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、納豆、なすのたまり漬、納豆、メシ、揚げ湯波と長葱の味噌汁
昼飯 「麺屋ききょう」の塩ネギラーメン
晩飯 「魚登久」の鮪の山かけ湯豆腐鰻の胆焼き鰻重、他あれこれ。7種の日本酒(冷や)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.21(火) 我慢できるかぎり

長男の嫁が開発した「日光味噌のたまり浅漬けの素・朝露」は9月に、またフクダナオブミ製造部長が開発した「ごぼうのたまり漬」は10月に、相次いで蔵出しをされた。これらは先ず店頭で、次は道の駅「日光街道ニコニコ本陣」で販売を始めた。

当初は製造に専心するあまり左右に目を配る余裕も無かったけれど、このところはようやく作り手の身も心も落ち着いてきたため、これらふたつの商品をウェブショップに載せるべく、今朝は恵比寿の”Vector H”を訪ねた。同社が担当をするのはYahoo!ショッピングの方である。自社ショップの方も、これを追いかけるようにして間もなく、ページは整うだろう。

ところで今日の服装は薄いセーターに薄いダウンベストというもので、折からの強風が二の腕を刺す。「なぜ袖付きの防寒着を着ないのか」と問われれば、寒さを我慢できるかぎり、着ぶくれは避けたいからだ。

午後から夕刻にかけては新橋と汐留のあいだあたりで、本日ふたつ目の仕事をこなす。そこから数寄屋橋へは徒歩で移動をし、白木のカウンターにて焼酎のお湯割りを飲む。


朝飯 たまり漬による5種のおむすび、揚げ湯波と小松菜の味噌汁
昼飯 「ドトール」のトースト、コーヒー
晩飯 「おぐ羅」のしめ鯖蟹肉の蟹味噌和え鰹のたたき、その鰹のたたきの薬味で食べる厚揚げ豆腐のおでん、他あれこれ、麦焼酎「吉四六」(お湯割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.20(月) 窓の外はいまだ

目を覚ますと、首にバスタオルを巻いたまま、素っ裸で寝ていた。身近に置いたはずのメガネとiPhoneが、今朝ばかりは手に触れない。きのうの夜は、風呂には入ったものの、酔いにより、そのまま眠ってしまったのだろう。

寝る前には、床に置いた、草木の蔓で編んだ乱れ籠に、翌朝のための服を用意する。闇の中でその籠の中を探るも、これまた何も、手に触れない。床のサンダルの向きを爪先で変え、クローゼットの前まで歩いてその扉を開く。チェストの引き出しの中は、ほぼ完璧に整理整頓をされている。よって闇の中でも着替えは難しくない。洗面所に移動をして明かりを点けると、時刻は4時8分だった。

必要がなければ何週間も社員から声のかからない早朝の仕事が、ここしばらくは毎朝のように続いている。食堂で今日の日記を書きながら、その仕事を忘れないよう、キッチンタイマーに5時ちょうどのアラームを設定する。

朝の4時すぎから今日の日記を書くとは奇異に感じられるかも知れないけれど、書くことさえあれば、あるいは書くことが無くても「よしなしごと」は、どこかに落ちているものだ。

やがてキッチンタイマーが音を発する。それまで読んでいたメールマガジンを閉じ、コンピュータの電源を落とす。そしてきのうから厚手のものに替えた毛糸の帽子をかぶり、席を立つ。窓の外はいまだ、夜と同じ暗さを保っている。


朝飯 酢蓮、なめこのたまりだきによるフワトロ玉子、小松菜のソテーと生のトマト、納豆、揚げ湯波と蕪の葉の甘辛煮、明太子、ごぼうのたまり漬、メシ、大根と椎茸と三つ葉の味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 トマトとアボカドとベビーリーフのサラダドリア“Petit Chablis Billaud Simon 2015”、いちごのショートケーキ、“Hennessy XO”(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.19(日) 柿ダブル

今日は月に一度の、ウチの隠居でお客様に朝食を供する「伝統家屋でいただく、なんでもない日の食卓。」の日だ。この催しに際しての僕の役目は味噌汁のダシをひくこと、もうひとつは食器や食材を隠居に運ぶことのふたつである。

毎朝の味噌汁を作る中で、僕はいつも、小さな実験を続けている。今日のためのダシは、このところの試みにおいて、味噌汁がもっとも美味くなるだろうひき方をした。食器や食材はプラスティック製の箱に収め、それを玄関から出してホンダフィットのトランクに重ねる。隠居は目と鼻の先ではあるけれど、手で運ぶには数が多すぎ、また台車で運べば揺れによる損傷が懸念をされるからだ。

9時30分、店にそれらしいお客様の入っていらっしゃったことを、店と事務室とを隔てるガラス越しに気づく。即、靴を履いて店へと回り、お客様にご挨拶をする。そしてお客様の到着を、隠居にいる長男に電話で報せる。

お客様を長男に引き継いで、春日町1丁目の公民館へと急ぐ。自主防災会の講習が10時から開かれるためだ。今日は今市消防署から2名の消防吏員が来て、事故や病気で命の危険が迫っているやも知れない人への対応、および三角巾の使い方を教えていただく。町内全体に回覧板を回しても、出席をするのはいつもの面々ばかりだ。しかしはっきり言って、この催しに来ないのは損である。僕は今回、心臓マッサージや人工呼吸、AEDの使い方を初めて知った

午後から夕刻にかけては、毎年12月1日の午前9時にメールマガジンでその発売をお知らせする「日光の美味七選」のページを整え始める。今回は「七選」のうちふたつの中身が変わる。よってその商品説明を次の金曜日までに書き換えるよう、長男に頼む。


朝飯 切り昆布の炒り煮、春雨炒め、揚げ湯波と蕪の葉の甘辛煮、酢蓮、納豆、明太子、冬瓜と豚三枚肉の炊き合わせ、みょうがのたまり漬、メシ、揚げ湯波とおろぬき大根の葉の味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 酢蓮、刺身湯波とほうれん草のおひたし、鮭の白子の網焼き、里芋と蛸の炊き合わせ、揚げ湯波と蕪の葉の甘辛煮、煮込み豆腐、麦焼酎「田苑」(ソーダ割り)、干し柿、”Hennessy XO”(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.18(土) 自転車

きのうは南青山の料理屋で話し込み、長男にうながされて時計を見ると、20時30分になっていた。乗り換え案内によれば、今この瞬間に表参道から千代田線に乗ったとしても、北千住に着くのは21時04分。高樹町のちかくから表参道までの移動を考えれば、21:13発の下り最終には間に合わない。

自分ひとりなら泊まってしまうところ、新幹線を使えばまだ間に合うと長男は言う。数時間前にインターネット上で買った、北千住発の特急券を即、払い戻す。表参道から銀座経由で東京駅へ行く。21:24発の東北新幹線を宇都宮で降りる。そこで乗り換えのため30分も待って、JR日光線で23時21分に今市に着く。これからは、飲み会のときにはiPhoneにアラームを設定しておこうと心に決める。

きのう東武日光線の下今市駅には自転車で行った。帰ってきたのはJR今市駅だ。よって寒空の下を歩いて下今市駅ちかくの駐輪場へと至る。そして自転車を引き出し、またまた寒空の下にペダルを踏んで会社に戻る。


朝飯 大根おろし、納豆、冬瓜と豚三枚肉の炊き合わせ、春雨炒め、切り昆布の炒り煮、明太子、なめこのたまりだき、メシ、豆腐とレタスの味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 ベーコンとマッシュルームのスパゲティ葡萄パン“Petit Chablis Billaud Simon 2015”“Camus XO”のビンに入った” Hennessy XO”(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.17(金) 青山でいちばん好きな店

子供のころから今に至るまで一貫して、ウチの商品の中で僕のいちばん好きなものは「なめこのたまりだき」である。師走までは保つだろうと考えていたその在庫が、このところの需要の急増により、今月の上旬に払底してしまった。ご迷惑をおかけしたお客様も少なくなく、とても申し訳なく思う。

製造現場では急遽、日程を整え、本日ようやく、そのビン詰めが完了した。フクダナオブミ製造部長によれば、今日の夕刻には蔵出しが可能とのことで、ひと安心をする。なお、この「なめこのたまりだき」のビン詰めは来週も行う。暮から正月にかけての繁忙を睨んでのことだ。

下今市12時35分発の上り特急リバティに乗り、14時38分に表参道に着く。今日の仕事場は高樹町のちかくで、約束の刻限は15時だ。よって、いつもより速く歩いて骨董通りを南下する。

計4名による話し合いは、17時30分に完了した。その全員が、すぐそばの、過去には夏休みが来るたび長男と次男を連れて訪れていた料理屋にあらためて集合し、20時30分まで歓談をする。


朝飯 冬瓜と豚三枚肉の炊き合わせ、胡麻豆腐による冷や奴、トマトのスクランブルドエッグ、納豆、ピーマンの炒りつけ、切り昆布の炒り煮、たまり漬「七種きざみあわせ(だんらん)」、メシ、豆腐とおろぬき大根の葉の味噌汁
昼飯 「美彩たむら」の日替わり弁当
晩飯 ”LAUBURU”のドライシェリー、前菜の盛り合わせポロ葱のグラタン豚肩ロース肉の炭火焼き豚の内臓のソーセージ鴨の脂で焼いた玉子と豚塩漬け肉と2種のピーマンのオーブン焼き、リストから適当に選んだ白ワイン、同赤ワインアイスクリームマールコーヒー


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.16(木) 歓待

中部地方で会社を経営する下級生を訪ねると、運転手付きのクルマを出して歓待してくれた。やがて冬の日が西の空に傾き始める。夕食を摂る前に僕がその街を離れることを、下級生は承知している。有名らしい神社の境内で、下級生は運転手を帰した。そして今度はみずからハンドルを握り、僕をモダンな喫茶店へと案内した。

ほとんど無休で仕事をしていることを話すと「休みなんて要りませんよね」と、彼は穏やかな口調で返事をした。僕はなかば同意をしながら「しかし、たまには気楽に旅がしたいぜ」と答えた。仕事がらみではあるだろうけれど、その下級生が頻繁に海外を訪れることを、僕は知っていたからだ。「まぁ、それはそうですね」と、彼はすこし恥ずかしそうに笑った。

姿を見かけたことは1度あったか無いか、言葉を交わしたことは皆無の人の夢をこれほど明瞭に見るのは多分、僕がfacebook上に上げたあれこれに、彼が頻繁に反応をしてくれるせいだろう。オンライン上での付き合いとは、つくづく、不思議なものだ。


朝飯 ピーマンの炒りつけ、納豆、青葱の玉子焼き、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、赤紫蘇の葉と白胡麻のふりかけ、たまり漬「栃木県壬生町産のしょうがです。」、メシ、豆腐と長葱の味噌汁
昼飯 朝のおかずを流用した弁当
晩飯 春雨炒め、蛸と胡瓜の酢の物、モツ煮、麦焼酎「田苑シルバー」(ソーダ割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.15(水) 家から持参すべし

「日本の3分の1の値段なんだから、買わなきゃ損だよ」と、オフクロが海外へ行くたび買い集めたコニャックやアルマニャックを飲みきることが、なかなかできない。

それらの栓を抜こうとすると、数十年を経たコルクはおしなべて、途中で折れる。「であれば」と、ビンの首に残ったコルクにワイン抜きをねじ込み、それを引き上げると、これまたおしなべて、コルクにはワイン抜きの螺旋の太さに穴が開く。

「であれば」と、今度はそのコルクを指で押してビンの中に落とし込む。そして中身を茶こしで漉し、別の瓶に入れ替える。この儀式めいた行いを、僕はこれまでどれほど続けてきただろう。

今年の6月20日、僕は”Old Parr”の1リットル瓶を、楽天の酒屋から1本2,964円で買った。翌日、羽田空港の免税店をのぞく機会があり、すると同じものに4,300円の値が付けられていた。

むかしは免税店へ行きさえすれば、とにかく酒は安く買えた。しかし今は、どうにも不思議なことになっている。その土地でしか手に入らない酒を除いては、旅に臨んでは「酒は家から持参すべし」なのかも知れない。


朝飯 納豆、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、ブロッコリーのソテーを添えたベーコンエッグ、切り昆布の炒り煮、明太子、たまり漬「一口大根」、メシ、豆腐と三つ葉の味噌汁
昼飯 朝のおかずを流用した弁当
晩飯 「コスモス」のトマトとモツァレラチーズのサラダカツレツドライマーティニ、グラスの赤ワイン


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2017.11.14(火) 十三年

肺炎をこじらせたオヤジが地元の森病院から壬生町の獨協医科大学病院に転院をしたとき、見舞いのため往復するクルマの中ではずっと、グレン・グールドの”Bach,The Goldberg Variations”を聴いていた。それほど長くない入院期間を経てオヤジが亡くなった朝は、ハロルドメイバーントリオの”Kiss of Fire”を聴きつつ家に戻った。

そのオヤジの十三回忌のため、先ずは如来寺のお墓に花と水を供える。そこから家内と本堂への道を歩いていると、長男と嫁、孫の姿が、やはり本堂の入口に見えた。

境内には、夕方から開かれる十夜法要のための柱が建てられている。告別式により不在にしているクワカドシューコー住職に代わり、法要の一切は、息子さんが執り行ってくれた。

法事の後は通常、会食となるところ、繁忙の店を留守にしてはお客様や社員に迷惑をかける。よって即、会社に戻り、黒い背広から仕事着に着替えて即、現場に復帰する。


朝飯 切り昆布の炒り煮、納豆、大根おろしを添えた薩摩揚げの網焼き、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、らっきょうのたまり漬「ピリ太郎」、明太子、メシ、浅蜊と万能葱の味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 トマトとルッコラのサラダ2種のパンクリームシチュー“Petit Chablis Billaud Simon 2015”


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

< 古い日記へ  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000