トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

< 古い日記へ  

2021.1.16(土) 持ち帰り

「そんなにデカくしなくても読めるよ」と、呆れるほど大きなフォントだった。緊急事態宣言の栃木県への発令を下野新聞が朝刊第一面で伝えたのは、先週の木曜日だっただろうか。とすれば、我が日光市の飲食店はその日から、おしなべて20時に閉店をしているのだろうか。

外食とは、食事を作るのが面倒だからするわけではない。今夜あたりはあのお店のこれこれが食べたいという理由により出かけて行く。しかし20時という閉店時間が目の前にぶら下がっていては落ち着かない。

家メシ、家飲みの好きな僕も、たまには他所のものが食べたくなる。専門職にしか作れない料理もある。普段は出前をしてくれる店も、時節がら働き手の数を限っているかも知れない。とすればここは、持ち帰りの可否を店側に確かめるところだろうか。

上に書いてきたこととはまったく関係のないことながら、今夜のワインの栓は、崩れかけながらも無事に抜けて良かった。長く保たせることの可能なワインこそ、これからはできるだけ、栓にはコルク以外の素材を使って欲しい。


朝飯 牛丼、生玉子、広島菜漬け、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、きのうの天ぷらとトマトと蕪の葉の味噌汁
昼飯 牛肉のしぐれ煮、広島菜漬け、塩鰹のふりかけ、柴漬け、ごぼうのたまり漬のお茶漬け
晩飯 トマトとモッツァレラチーズのサラダスパゲティ茹でたブロッコリーとマッシュドポテトを添えたビーフシチューチーズGrand Vin de Leoville 1982


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.15(金) なめこを炊く

「日光味噌のたまり」に熱を加えたときに特有の、何ともいえず香ばしい匂いが漂ってくる。いよいよなめこが炊き始められたらしい。僕は事務室を出ていそいそと蔵へ行く。そして鍋の「たまり」の中で入念に、丁寧に攪拌されているなめこの様子を見る。

大粒のなめこを「日光味噌のたまり」でコトコトと炊き上げると「なめこのたまり炊」ができあがる。上澤梅太郎商店の売れ筋は、圧倒的に「らっきょうのたまり漬」だ。しかし僕が子供のころから今に至るまでもっとも喜んで口にするのは「なめこのたまり炊」である。

「なめこのたまり炊」の仕込みは冬を選んで行われる。記録によれば、2012年すなわち東日本大震災の翌年からは毎年、松が明けてすぐ、1月の第2週より開始をしている。仕込みの日を前倒しすることにより、増産を目指したのだ。

午後、4階の食堂にいるところに長男が、今日の一番鍋から抜き取った「なめこのたまり炊」を見本として持って来る。それを舌の上に載せてみれば、すこし塩分濃度が低いように感じられた。明日、冷えたところでもういちど試食をしてみようと思う。


朝飯 生のトマト、納豆、菜の花のおひたしを添えた鯛の煮付け、めかぶの酢の物、広島菜、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、蕪と胡瓜のぬか漬け、メシ、白菜と揚げ湯波の味噌汁
昼飯 鰯の生姜煮、広島菜漬け、塩鰹のふりかけ、柴漬け、ごぼうのたまり漬のお茶漬け
晩飯 はんぺんと三つ葉の吸い物「みとや寿司」の握り鮨2種の天ぷら「白糸酒造」の「田中六十五」(冷や)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.14(木) 年賀状

昨年11月29日に産んだ第二子を連れて、きのう嫁のモモ君が実家より戻ってきた。それに先だって、食堂の天井に埋め込まれた空気調和機を綺麗にしておこうと考えた。昨年末に連絡をした掃除業者が指定をしてきた日は、しかし今日だった。

食堂は南東と南西に向いた角部屋で、家の中ではもっとも居心地が良い。早起きの僕は、朝食までの数時間をここで過ごす。夜にあれこれすることを好む家内は、夕食後の数時間をここで過ごす。つまりこの部屋は毎日、24時間のうち半分ちかくは使われている。空気調和機も、それだけ汚れようというものだ。

8時すぎに来たイソヤマビルサービスは、昼ごろに仕事を終えた。そして僕に現場の確認を促して去った。僕は事務室へ降りて、本日の掃除の記録をコンピュータに残す。

新型コロナウイルスの、日本への上陸から1年が経った。テレビや新聞は毎日、新規感染者の指数関数的な増加ぶりを伝えている。昨春まで毎日ウェブログを書いていた人の中には、その後、更新頻度を極端に落とす例が目立っている。コロナ禍が、様々な形で影響しているのだろう。

僕はウェブログは書ける。しかし年賀状は得意でない。そこのところを何とか頑張って、今日は1枚のみ返事を書く。


朝飯 菜の花のおひたし、納豆、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、鰯の生姜煮、ごぼうのたまり漬、広島菜漬け、メシ、豆腐と菠薐草の味噌汁
昼飯 塩鰹のふりかけ、牛肉のしぐれ煮、鰯の生姜煮、柴漬け、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」のお茶漬け
晩飯 チーズ、紫キャベツとリンゴのサラダ、TIO PEPE、鶏笹身肉とトマトとレタスのサラダ2種のパン小海老と帆立貝のグラタン焼き林檎Petit Chablis Billaud Simon 2016


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.13(水) 説明

昨年の冬至は12月21日。この日の東京の日の出は6時47分。素人としては、その翌日から、夜明けは徐々に早くなり始めると考える。ところが今朝の日の出は冬至の日より4分おそい6時51分だった。この現象について、詳しい人に確かめたことがある。その人は「よくぞ訊いてくれた」とばかりに嬉々として長々と説明をしてくれた。結論からすれば、それまで以上に何が何だか分からなくなった。

「ウェブショップで買い物をしたいものの、使い方が分からない」というお客様から、月に数回は電話をいただく。今日のお客様も、結論からすれば「まぁいいや、今回は電話で注文するわ」ということになった。ことほど左様に説明は難しい。

そういう僕も、いわゆる「新技術」に関してはハナから習得を諦めているところがある。しかしそのままでは生活は便利にならない。よって僕は、その「新技術」を自分も使えるようにするため人を頼む。その「頼む」の多くは「教えてもらう」ところにある。

1996年にパソコン通信によるオンラインショップを、そして1998年にはウェブショップを開いた。この日記は2000年から書き始めた。そのときどきに、否、ときどきどころではない、多くの機会に人を頼んできた。自分の説明能力も、高めていかなければならない。


朝飯 鰯の生姜煮、鮭の昆布巻き、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、納豆、揚げ湯波と蕪の葉の炒り煮、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、ごぼうのたまり漬、メシ、揚げ湯波と白菜の味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 薩摩芋のレモン煮、チョロギの梅酢漬け、「久埜」の豆きんとん、広島菜漬け、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、玉子の吸い物菜の花のおひたしを添えた鯛と牛蒡の煮物、「白糸酒造」の「田中六十五」(冷や)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.12(火) 温かいとは

「しんしんと冷え込んできたね」とか「明日の朝は路面の凍結が心配だ」という声が、夕刻になると聞こえてきた。それを受けて、店の駐車場に融雪剤を撒くよう、販売係のササキユータ君に言う。閉店直前の店から僕も、その駐車場に出てみる。「零下何度だろう」と、しばらく前に外へ出しておいた寒暖計を目の高さに持つ。意外や気温は摂氏4度だった。

「しんしんと」とか「凍結」ということばを耳にするうち「気温は氷点下に違いない」と思い込んでしまったのだ。耳から入ってきたことにより五感を狂わせる、そのひとつの典型かも知れない。

終業後、関東の1都3県や関西の1府3県に続いて栃木県にも緊急事態宣言が発令されそうなことを、ウェブニュースで知る。「そうなったら、どうするか」ということは、きのうの場長会議で決めておいた。それを実行に移すまでだ。

焼酎のお湯割りを温め酒と呼ぶかどうかは不明ながら、今夜はそれが早く飲みたかった。よってそのための肴は家内まかせにせず、自分でも進んで用意する。用意とはいえ大したことではない、冷蔵庫にあるものを出して器に盛れば、それで完了である。食事、部屋、風呂。温かいとは本当に有り難いことと、つくずく思う。


朝飯 人参の甘煮、揚げ湯波と蕪の葉の炒り煮、納豆、巻湯波と根菜類の炊き合わせ、緑豆のスクランブルドエッグ、広島菜漬け、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、胡瓜と蕪のぬか漬け、メシ、豆腐と三つ葉の味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 紅白なます、めかぶの酢の物、「日光味噌のたまり浅漬けの素・朝露」で漬けた松前漬け、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、鮭の昆布巻き、刺身湯波、チョロギの梅酢漬け、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、鮭のムニエル、広島菜漬け、メシ、麦焼酎「むぎっちょ」(お湯割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.11(月) 気にしているのは

「汁飯香の店 隠居うわさわ」の営業日は毎週の土、日、月で、開店は8時30分だ。調理係の家内は早くから隠居に入る。おとといは8時30分に複数人様のご予約をいただいていた。よって僕は夜と変わらない空の下、家内を隠居の柴折り戸まで送っていった。

隠居が営業する週末から週初にかけての3日間は、僕はひとりで朝食を調える。味噌汁は元より自分が好き好んで作っているから、特に問題はない。

そのような日の朝食の準備法は、日によって様々だ。時にはお盆にあらかじめ器を配置し、その器に常備菜を盛っていく。常備菜はすべて冷えている。しかし汁飯香のうちの汁が熱く、飯が温かければ、痛痒はまったく感じない。

今朝の味噌汁の具はブロッコリーと玉葱。このところ多い組み合わせだ。茹でてあるブロッコリーと生の玉葱を同時に鍋に入れては具合が悪い。できるだけ早く熱が通るよう、玉葱は薄く刻む。そのあたりの工夫もまた、味噌汁づくりの楽しいところだ。

「腹が減っては戦ができぬ」のことわざは英語圏にもあって、それは”An army marches on its stomach.”だという。いつでもどこでも兵站は大切なのだ。もっとも僕の場合、気にしているのはメシのことばかりではあるけれど。


朝飯 牛肉のしぐれ煮、納豆、鰯の生姜煮、揚げ湯波と蕪の葉の炒り煮、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、ごぼうのたまり漬、メシ、ブロッコリーと玉葱の味噌汁
昼飯 「金谷ホテルベーカリー」の2種のパン、ミルクティー
晩飯 チョロギの梅酢漬け、たたき牛蒡、人参と椎茸と絹さや豆の炊き合わせ、菠薐草と榎茸のおひたし、巻湯波と根菜類の淡味炊き、紅白なます、刺身湯波、広島菜漬け、メシ、麦焼酎「むぎっちょ」(お湯割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.10(日) 粛々と

来月10日から16日までのあいだ日本橋高島屋で開かれる「老舗名店味紀行」に、上澤梅太郎商店は出張をする。よってその準備は、怠りなくする必要がある。お知らせをお送りするお客様の、顧客名簿からの抽出も、そのひとつだ。

この仕事は手順に従えば、小一時間ほどで完了する。しかし途中でつまずくこともある。あるいはより良い方法が見つかれば、いったん立ち止まって、手順を書き換える。今日は「つまずき」と「より良い方法の発見」により、2時間とすこしを4階の食堂で費やした。仕事場を離れてするのは、静かな環境が必要だからだ。

15時30分に道の駅「日光街道ニコニコ本陣」へ行くと「らっきょうのたまり漬」が売り切れていた。即、関係者用の通路へ出て蔵へ電話をする。そして急遽これを用意するよう、製造係のイトーカズナリ君に伝える。

蔵へ行くと、包装係のタカクコータロー君とスギヤマアイカさんが「らっきょうのたまり漬」を通い箱に納めているところだった。それをホンダフィットに積んで即、道の駅へと戻る。

首都圏に緊急事態宣言が発令されても、その宣言の対象に栃木県も加えるべしと知事が政府に働きかけても、経済活動は粛々と進めていかなくてはならない。来週からは、いよいよ「なめこのたまり炊」の仕込みが始まる。仕込みは春彼岸まで続ける予定である。


朝飯 メシ、らっきょうのたまり漬「小つぶちゃん」、ごぼうのたまり漬、きのうのキムチ鍋の残りを具にした味噌汁
昼飯 柴漬け、塩鰹のふりかけ、揚げ湯波と蕪の葉の炒り煮、ごぼうのたまり漬のお茶漬け、なめこのたまり炊のお茶漬け
晩飯 ポテトサラダ茹でたブロッコリーを添えたメンチカツPetit Chablis Billaud Simon 2016SAS DU CHATEAU HAUT BAILLY ROSE 2004


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.9(土) 氷点下摂氏10度

きのうの日記にも書いたように「汁飯香の店 隠居うわさわ」は朝ごはんの専門店で、開店は8時30分だ。その隠居から「お湯が出ない」と8時40分ころ電話が入った。水は出るというから、お客様にご迷惑をおかけすることは、とりあえずはない。しかしお湯が出なければ、特に食器洗いに支障を来す。先ずは出入りのハヤカワ設備に長男が電話をする。

「市内各所で水道管が凍結し、社員は各現場に散って対応に追われている、本職が行っても、できることは水道管をストーブやお湯で温めるくらいしかない、だから何とか自分で対処して欲しい」というのがハヤカワさんの返事だった。

隠居のお湯は、隣接する蔵の給湯器から来る。お湯が出ないとは、その給湯器に水を送っている管が凍りついているのだろう。そう考えて、蔵の中の石油ターボヒーターを隠居に運ぶ。そして地面から立ち上がる当該の管へ向けてスイッチを入れる。一方、蔵の内側からは、おなじ管にハロゲンヒーターを向けてスイッチを入れる。時刻は9時を10分ほど過ぎたところだった。

「お湯が出た」と家内から事務室に電話が入る。時刻は9時40分。というわけで、隠居の敷地に建つ味噌蔵の水道凍結については、今朝、その解決法が見つかった。今年の大寒は今月20日。「どんと来い」である。


朝飯 鰯の生姜煮、揚げ湯波と蕪の葉の炒り煮、牛肉のしぐれ煮、めかぶの酢の物、柴漬け、ごぼうのたまり漬、メシ、ブロッコリーと玉葱の味噌汁
昼飯 ラーメン
晩飯 広島菜漬けキムチ鍋、麦焼酎「むぎっちょ」(お湯割り)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.8(金) 朝ごはん屋のしごとはじめ

新しい年にはじめて運ぶ荷物は初荷、はじめて物を売る行いは初売り。だったらはじめてお客様に食事を供することは何と呼ぶのだろう。上澤梅太郎商店商店が運営する朝ごはん専門店「汁飯香の店 隠居うわさわ」は、明日がことしはじめての営業になる。既にしてご予約をくださっているお客様もいらっしゃるが、空席もある。ここはひとつSNSに告知を上げようと、写真を撮るため隠居へおもむく。

その門の前には門松がある。門松をいつまで置くかは地方や家により様々だ。上澤梅太郎商店は関東としては遅めらしい15日まで置く。経費や手間ひまのかかったものであれば、できるだけ長く飾っておきたいではないか。

隠居の床の間には鏡餅がある。その脇には長男が調えた松、竹、椿がある。庭はすっかり冬景色でも、屋内は暖かい。今週末のお客様には朝食と共に、その暖かさも楽しんでいただければ幸いと思う。

「汁飯香の店 隠居うわさわ」は毎週、土、日、月の営業。開店は8時30分、オーダーストップは12時30分、閉店は14時。電話番号は0288-25-5844(日光ごはん良し)。本店の電話番号0288-21-0002(08:30~17:30)なら毎日、ぐるなびなら24時間、ご予約を承れます。


朝飯 納豆、めかぶの酢の物、大根おろしを添えた厚揚げ豆腐の網焼き、ごぼうのたまり漬、茹でたブロッコリー、広島菜漬け、メシ、大根と玉葱の味噌汁
昼飯 牛肉のしぐれ煮、なめこのたまり炊、塩鰹のふりかけ、柴漬け、ごぼうのたまり漬のお茶漬け
晩飯 「日光味噌のたまり浅漬けの素・朝露」で漬けた松前漬け、めかぶの酢の物、生のトマト、鰯の生姜煮、ごぼうのたまり漬、水餃子、「松瀬酒造」の「松の司生酛純米酒」(冷や)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

2021.1.7(木) カワラセンネン

2011年3月11日の午後に大地震が起きたとき、上澤梅太郎商店の蔵の屋根には何人もの人がいた。

出入りのイナバ塗装には、そもそも店の破風を、新築以来35年ぶりに塗り直すよう注文していた。高所作業車に乗ったイナバ社長はそこで、屋根瓦にも手を入れた方が良いことに気づいた。僕は本職の意見には従うたちだから、そのまま屋根のことも頼んだ。

瓦職人も加わった一団は、やがて店の屋根から蔵の屋根まで調査と調整を進め、そこで地震は起きた。南東と北東にそれぞれ面した屋根の、そのとき彼らは北東側にいた。盛大に瓦を滑り落とした南東側にいたら、何人かは命を落としていたかも知れない。

イナバ塗装の社長には、これこれの金額を用意してくれれば即、材料の確保に入ると言われた。信じがたい大惨事がテレビを通して伝えられ続けていた。「屋根をステンレスで葺き直せば、瓦が落ちるなどは、もうないではないか」とも思った。そして2日のあいだ考えて、屋根はやはり瓦のままでいくことを決めた。資金の出しどころについては、スズキトール税理士に報告、確認をした。

そこここで資材が急騰、欠品する中、上澤梅太郎商店の瓦屋根はいち早く元の形を取り戻した。「瓦千年、手入れ毎年」とは、そのとき知ったことばだ。

昨年末、その蔵の庇に不揃いな瓦が見つかった。2011年には手を着けなかった場所だった。修理は松の内最終日の本日に行われた。「手入れ毎年」とはいえ、しばらくは安心していられると思う。


朝飯 巻湯波の淡味炊き、納豆、牛蒡の牛肉巻き、めかぶの酢の物、茹でたブロコリー、ごぼうのたまり漬、広島菜漬け、メシ、小松菜の味噌汁
昼飯 「大貫屋」のタンメン
晩飯 マカロニサラダパンロールキャベツPetit Chablis Billaud Simon 2016


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

< 古い日記へ  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

蔵見学