トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2019.11.16 (土) 恵比須講

この週末は、紅葉狩りの観光客がもっとも多く日光鬼怒川に詰めかけるはずだ。その土曜日の本日にはまた、10時30分から、市役所職員による地震と家屋についての出張講座が町内公民館で開かれる。11時には取引先の来訪が予定されている。更に今夜は恵比須講のため、家内はその料理にかかりきりで店にはなかなか出られない。重なるときには重なるものだ。

11時すこし前にiPhoneが震える。取引先が来たことを報せる、事務係カワタユキさんからの電話だった。出張講座を中座することは、町内役員や市役所の人にはあらかじめ断ってあった。即、会社に戻る。事務室では取引先と長男が、既にして商談を始めていた。

農家では五穀豊穣を祈り、商家では商売繁盛を祈る恵比須講を、ウチは旧暦で行う。旧暦の方が感じが出る、ということもあるし、新暦では年末に当たって余計に忙しい、ということもある。

閉店は17時30分。18時までの30分間は、掃除や後片付け。それから15分も過ぎればすべての社員は帰宅する。18時45分に自宅へ上がる。その和室の床の間には、既にしてお膳が整っていた。一対の蝋燭に火を点し、家族5人で二礼二拍手一礼をする。

これでひと安心。明日も忙しい1日になるだろう。


朝飯 納豆、冷や奴、白菜漬け、ふきのたまり漬、メシ、缶詰の鯖と万能葱の味噌汁
昼飯 3種の佃煮、大根の千枚漬け風、ふきのたまり漬によるお茶漬け
晩飯 鰤の煮つけ、ほうれん草のおひたし、紅白なます、けんちん汁、麦焼酎「ひゅうが晴」(お湯割り)、「廣尾瓢月堂」の「六瓢息災」、Old Parr(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000