トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2020.2.1 (土) 食欲

目を覚ましてしばらくしても食欲は湧かない。仏壇に花と水とお茶を供えつつ、お茶のみをいただく。早朝の仕事に久しぶりに従い、そこから食堂へ戻っても、やはり食欲は感じない。そのうち社員の出てくる刻限になって、事務室へ降りる。

インフルエンザを経験したことのある事務係のカワタユキさんに、食欲について訊いてみる。快癒してから1週間ほどは、大して食欲は感じなかったという。包装主任のヤマダカオリさんによれば、インフルエンザの後は、食べたくて食べるのではなく、体力を保つために食べている感じだったという。

インフルエンザは、からだの各部に損傷を与える病気で、胃腸もその範疇に入る。治ってすぐのときには、その胃腸に負担をかけないよう、からだが食欲をしばし抑制する、という話も耳にした。「みんなもそうなのか」と、すこし安心をする。

ということは、来週あたりからまた、ほとんど常に腹を空かせ、あれやこれや食べたくて焦燥する、元の自分に戻る、ということだろうか。そして「蒲柳の質には、なりたくねぇよなぁ」と考える。


朝飯 生のトマト、豚三枚肉と切り昆布の炒り煮、揚げ玉、ごぼうのたまり漬、梅干しによるお茶漬け
晩飯 茹でたブロッコリー、“neu frank”のコンビーフ千切りキャベツを添えた牡蠣フライ、TIO PEPE、Petit Chablis Billaud Simon 2016


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000