トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2020.5.8 (金) 家に閉じこもっていても

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本よりよほど厳しい措置を執っている国は多い。その措置とは、たとえば都市封鎖であり、戒厳令さながらの夜間外出禁止令であり、あるいは昼の行動さえ思いとどまらせようとする商業活動への制限などだ。

そのような国に住み、日々ウェブログを書いてきた人が、このところは1週間、10日と、更新の間を空けるようになった。その、櫛の歯の抜けたような有様を眺めつつ「熊谷守一の晩年の画業を想えば、家に閉じこもっていても、日記くらいは書けるだろう」と、叱咤にも似た考えを持ち続けてきた。しかし「コロナ 鬱」と検索エンジンを回してみれば、事態はそれほど単純なものでもなさそうだ。

一歩も家から出ない日は、僕にもある。しかし僕の家は会社と一体である。蔵の中を歩き、テニスコートほどの広さの冷蔵庫に出たり入ったりし、店に立ち、事務室では電話を受けたりお客様にメールを書き送ったりする。今日は「一汁五菜弁当」のために届けられた米や玉子を2度も隠居に運んだ。つまり蟄居とはほど遠い環境にあるのだから、感謝すべきなのだ。

夕刻の西北西の空には水色と朱と金色があった。晴天が続けば有り難い。


朝飯 揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、生玉子、蕪の「日光味噌のたまり浅漬けの素・朝露」漬け、茄子の味噌炒り、山椒の佃煮、ごぼうのたまり漬、メシ、きのうの夜に残したかき揚げの味噌汁
昼飯 茄子の味噌炒り、牛蒡の醤油煮、蕪の「日光味噌のたまり浅漬けの素・朝露」漬け、たけのこごはん
晩飯 らっきょうのたまり漬と鶏笹身肉とベビーリーフのサラダマニケの牛挽き肉トマトソースPetit Chablis Billaud Simon 2016チーズ、Old Parr(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000