トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2017.8.24 (木) 僕にしては繁忙

9月14日から19日までの6日間、新宿の髙島屋で出張販売をする。その案内ハガキの宛先は今週中に特定するよう、事務係のカワタユキさんには頼まれていた。よって長男と事務室を離れ、9時に4階の食堂へ行く。この仕事は精密さを要求されるため、矢鱈に電話がかかったり、あるいは不意に人の訪ねてくる環境では、できないのだ。

先ずは、今回、ハガキをお送りする範囲をざっくりと決めて長男は階下へと去った。僕はその検索条件式に従って、顧客名簿からお送り先を特定する。この職人作業には小一時間ほどもかかった。

午後は事務室隣の研究開発室に入り、ワインらっきょう”rubis d’or”のためのワインを調合する。今日はこの仕事に臨んで、ここ10年のあいだ守り続けて来た方法の一部を変えてみた。結果が同じなら、能率は高いに越したことはない。

夕刻には先日、四谷の酒問屋「鈴傳」から届いた4合瓶12本をコンピュータにデータ化する。これらは、僕が書記と酒の取り寄せ係を務める「本酒会」で、今から初冬にかけて飲む日本酒である。

19時15分を過ぎたあたりで、在庫しておいた2本に「鈴傳」の2本を加えてトートバッグに納める。そして今月の「本酒会」が開かれる「食堂ニジコ」を目指して日光街道を下る。


朝飯 切り昆布と豚三枚肉の炒め煮、揚げ湯波と小松菜の炊き合わせ、納豆、万願寺唐辛子の網焼き、生のトマト、胡瓜のぬか漬け、たまり漬「七種刻み合わせ・だんらん」、メシ、豆腐と玉葱とレタスの味噌汁
昼飯 「とりや」のわかめラーメン
晩飯 「食堂ニジコ」のあれやこれやそれや醤々麺とスープ、4種の日本酒(冷や)

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000