トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2020.1.26 (日) 夜中に腹を空かせて

夜中に腹を空かせて目を覚ます。カレーライスが食べたい気分だ。しかしそれは気分だけのことで、実際には、食べられるものでもないだろう。体温は36.3度に下がっていた。カロナールは効くのだ。

7時30分に事務室へ降り、そこに既に居た長男と、今日のことについて軽く打合せをする。長男が用意をしたのだろう、タイムカードの打刻機のちかくには複数の体温計があり、検温表が貼られていた。社員には今日から、出社時に体温を計って記録してもらうという。そのまま朝礼には出ずに、4階へ戻って朝食の用意にかかる。

いつも美味いはずの味噌汁を、今朝に限ってそう感じないのは、舌が荒れているせいだろう。とはいえ冷蔵庫の中で日の経ちすぎた塩鮭の不味さは分かるのだから、不思議なものだ。

晴れた週末なら尚更のこと、仕事がしたい。しかしそういうわけにもいかない。夕刻の体温は36.9度。微熱はいまだ去らない。

「えっ、横綱、ふたりとも休場しちゃったの」と、カウンターから店のテレビを振り向きつつ驚いたのは、今月17日、北千住の飲み屋でのことだった。ラジオを受信できる腕時計にイヤフォンを繋いで相撲中継を聞いていた20代のころのような熱心さは失っているものの、相撲はやはり面白い。

16時30分より、大相撲初場所の千秋楽をテレビで見ながらお茶を飲む。食欲は皆無、というよりも、食べたくない。そういう次第にて、本日の食事は朝の一食のみ。そして早々に寝室に引き上げる。


朝飯 昆布の佃煮、塩鮭、揚げ玉と長葱を薬味にした冷や奴、切り昆布と豚三枚肉の炒り煮、らっきょうのたまり漬、メシ、ピーマンの味噌汁


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000