トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2020.2.3 (月) タンスの手前にタンスを置く

タンスの手前に更にタンスを置いている人を知っている。

タンスの手前に更にタンスを置けば、奥のタンスは使えない。しかし当の本人は、その自らの行いに、いささかの奇天烈さも感じていない。奥のタンスの中には、その人にとっての「お宝」が納めてあるのだろう、そして手前のタンスでは、日常の衣服が日々、出し入れされているのだ、多分。

タンスの手前に更にタンスを置く人を、しかし僕は嗤えない。

僕の本棚は奥行きが29cmある。時が経つに連れて、古い本は奥へと押し込められていき、新しい本が手前に増えてくる。そうするうち、奥には一体全体、どのような本があるか分からなくなった。

「はて、自分はあの本を持っていたはずだが、それはどこに行っただろう」と、このところ考えることが多くなってきた。そして今日は遂に、本棚の整理に手を着けた。整理、とはいえ捨てた本は1冊も無い。読み終えた本の一部、および当分のあいだ読まないだろう本を、空いている最上段に移しただけだ。それでも本棚は隨分と風通しの良い見た目になった。

脚立を降りたところに孫が節分の豆を撒きに来た。よってその様子を1枚だけ写真に撮る。「1枚だけ」とはいえ今の写真はほとんど紙には焼かない。だれか写真についての新しい数助詞を考えてくれないか。


朝飯 納豆、牡蠣と切り昆布の甘辛煮、蕪と蕪の葉の「日光味噌のたまり浅漬けの素・朝露」漬け、広島菜漬け、ごぼうのたまり漬、メシ、大根となめこの味噌汁
晩飯 千切りキャベツと生のトマトと茹でたブロッコリーを添えた牡蠣フライPetit Chablis Billaud Simon 2016チーズ、Old Parr


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000