トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2020.2.9 (日) 孫よりも先に

夜明け前に製造現場に降りてはじめて、風の強く吹いていることに気づく。頭上から、屋根の風を切る音が聞こえる。蔵の、それぞれ北東と南西に面したシャッターが、大げさに言えば、アコーディオンの胴体のようにたわむ。それによって蔵の中の気圧が変わるのか、機械類を覆ったビニールシートが揺れる。このような夜を経た朝の掃除は、なかなか厄介だ。枯れ葉が、そこここに吹き寄せられるのだ。

風の強い朝はまた、空は綺麗に、鮮やかに澄むことが多い。今朝の空もその例に漏れず、雲は、東の彼方に少しばかりあるのみだった。

午前、食堂に森川七月の”& Jazz”を流しながら、1,000円札の新券と並券を50万円ずつ卓上に用意し、それらを交互に重ねていく。11曲目の”Your Song”の、歌詞が”So excuse me forgetting, but these things I do.”に差しかかったところで計100万円の釣り銭を作り終える。紅葉の時期ならいざ知らず、今はお客様も少ない。これだけあれば、こと1,000札に限っては、しばらく保つだろう。

夜は長男夫婦が留守にしたため、3歳3ヶ月の孫の面倒は家内が見る。夕食の後、風呂から上がって寝室に入ると、孫は僕の枕の横ではしゃいでいた。僕はいつものように横になり、天井の明かりが点いたままにも関わらず、即、眠りに落ちる。


朝飯 豚三枚肉と切り昆布の炒り煮、納豆、菠薐草のおひたし、細切り人参の炒り煮、沢庵の油炒め、ごぼうのたまり漬、メシ、若布と長葱の味噌汁
昼飯 バターと苺ジャムとらっきょうのたまり漬のトースト、キャベツと豚肉のスープ
晩飯 トマトとブロッコリーのサラダ鶏肉とマカロニのグラタンPetit Chablis Billaud Simon 2016「久埜」の草餅、Old Parr(生)


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000