トップへ戻る

MENU

お買い物かご

清閑 PERSONAL DIARY

2019.5.31 (金) お茶くみ

目を覚まし、しばらくしてから枕の下のiPhoneを取り出し見ると、時刻は1時50分だった。きのう寝に就いた時刻が20時台だったことを考えれば、これだけ早い目覚めも不思議ではない。横になっていてもふたたび眠気の訪れないことは何となく分かる。よってすぐに服を着て起きてしまう。

深夜の2時10分に花と水とお茶と線香を供えられてホトケが喜ぶか否かは知らない。しかし兎に角、家にあっては、仏壇にお茶を上げないことには自分がお茶を飲むことができない。そういう次第にて、いまだ真っ暗な応接間に線香の香りの漂うことになる。

それはさておき自分は美味いお茶を淹れることがなかなかできない。たまさかの僥倖に恵まれない限り、自分で淹れたお茶の美味いことはない。美味くなくても少しは美味いから飲むようなものだ。

「AIに奪われない仕事のひとつがお茶くみだ」と聞いたことがある。理由は忘れた。

ところでAIといえば、むかし炭鉱の中にいて、仕事をするわけではない、軽口を叩いて周囲を笑わせたり、あるいは「昼飯の時間はまだか」と親方のところに訊きに行ったりするだけの人がいて、しかしこの人がいるとなぜか採炭の能率が上がった、という話がある。これまた、AIにはできない仕事だと思う。


朝飯 昆布巻き、納豆、目玉焼き、鶏つくね団子、野沢菜漬けと胡瓜のぬか漬け、生のトマト、たまり漬「おばあちゃんのふわふわ大根」、メシ、キャベツと若布の味噌汁
昼飯 「ふじや」の雷バターラーメン
晩飯 ウォッカマーティニ、らっきょうのたまり漬「小粒ちゃん」春雨サラダ餃子の中身による肉団子、水餃子、”GILBEY’S VODKA”(ソーダ割り)、わらび餅


美味しい朝食のウェブログ集は、こちら。

  

上澤卓哉

上澤梅太郎商店・上澤卓哉

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000